ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大変貌遂げる品川駅~田町駅間 官民一体で5000億円の開発費

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2020年の東京オリンピック開催を追い風に、東京の交通インフラ計画が続々と動き出し、民間の開発プロジェクトも加速し始めた。6年後に変貌を遂げるのは、選手村や競技場が集中する湾岸部だけではない。品川駅から田町駅にかけてのエリアも大変貌を遂げる。

 JR品川車両基地に2020年の開業を目指す山手線新駅と、品川駅に予定されているリニア中央新幹線発着によって、東京のサウスゲートとして一気に存在感を増す。一帯は海外企業誘致を推進する「アジアヘッドクォーター特区」と位置付けられ、官民一体で5000億円もの開発費が投じられる。

 品川駅北側では現在、芝浦水再生センターの施設を地下に移し、その地上部にNTT都市開発など4社が超高層オフィスビル「品川シーズンテラス」を建設中。3.5ヘクタールの広大な緑地も造成され、地域に賑わいをもたらしそうだ。

 また、新駅周囲には、JR東日本が超高層マンション3棟と、オフィス・商業施設からなる複合ビル5棟を建設予定。交通機関の飛躍的向上を背景に、都内屈指の巨大タウン構想が加速する。

撮影■太田真三

※週刊ポスト2014年8月15・22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
山手線地下鉄化で線路の上に40万人住宅が誕生と大前研一氏
品川―田町間の新駅を昼間人がいない街にするなと大前研一氏
東京五輪に向けた再開発計画 新東京駅、第2六本木ヒルズ等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP