ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田原俊彦35周年ライブ 過去の映像にファン歓喜で田原苦笑い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビュー35周年を迎えた歌手・田原俊彦が8月2、3日に品川ステラボールで、『ALL SINGLE’S LIVE』を行ない、デビュー曲『哀愁でいと』から最新曲『LOVE&DREAM feat. SKY-HI / Bonita』まで、シングル全69曲を2日間ですべて熱唱した。

 スペシャルイベントならではの憎い演出も、際立っていた。初日はシングル発売順で奇数曲を、2日目は偶数曲を最新曲から下っていく方式で歌っていくなか、スクリーンには懐かしい映像が流れたのだ。近年の曲だけでなく、『NUDE』『思い出に負けない』『ダンシング・ビースト』というジャニーズ事務所所属時代のプロモーションビデオも映し出された。

 初日、1989年発売の『ひとりぼっちにしないから』のイントロが流れると、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)出演時の映像が流れ、会場からは大喝采。『抱きしめてTONIGHT』では、『教師びんびん物語』(フジテレビ系)のオープニング映像や名場面が流れた。

 その後、『チャールストンにはまだ早い』では、時代劇『沖田総司』(日本テレビ系)の撮影現場から中継した『ザ・ベストテン』(TBS系)の映像が流れ、大盛り上がり。2日目も、ドラマ『逃亡者』(フジテレビ系)、『愛してるよ』(テレビ朝日系)などのシーンが放映され、懐かしの映像にファンは大喜び。

 あまりのファンの熱狂ぶりに、田原も「みんな、あっちばっかり見ないでよ。(自分を指差して)俺が主役だから。あれ、昔のヤツだから」と苦笑い。『夏ざかりほの字組』『恋すれどシャナナ』というデュエット曲では、ファンをステージに上げるなど、絆の深さを確かめ合った。

 MCで、照れ屋の田原が真面目に語り出すと、それまで歓声しか聞こえなかった会場は空調の音が聞こえるほど静まり返った。

「僕は、みんながいなきゃ、この世界からとっくの昔にいなくなっている。こんな男ですから、『今に見てろよ』と思って、日々やっています。僕を支えているエネルギーの一つなので、これからも、この気持ちを切らさずに頑張って行きます」

 ファンにも支えられ続けて迎えたデビュー35周年。ファンの大切さを誰よりも知っている男は強い。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『めざましテレビ』新レポーター美女のみずみずしいビキニ姿
吉瀬美智子「最初で最後の秘蔵ショットinバリ島」独占公開
連ドラ界の偉業 常盤貴子の5連続主演や内藤剛志の連続出演

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。