ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、金属フレームでデザインを刷新した4.7インチオクタコアスマートフォン「Galaxy Alpha」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 8 月 13 日、同社初の金属フレームを採用した新型 Android スマートフォン「Galaxy Alpha」を正式に発表しました。発売時期は 2014 年 9 月上旬です。Galaxy Alpha は、4.7 インチ 1,280×720 ピクセルのHD Super AMOLED ディスプレイ、Exynos 5430 1.8GHz+1.3GHz 駆動のオクタコアプロセッサを搭載した小型ながらもハイスペックな Android スマートフォン。特徴は、デザインアプローチを従来から変更したところで、外観は従来の Galaxy に似ていますが、側面のフレームをプラスチックから金属を多用したものに変更するなどして設計を変えています。Samsung は Galaxy Alpha を新しいデザインを採用した初の機種と位置づけています。(でも、iPhoneをパクったと言われてもおかしくないデザインです)。Galaxy Alpha の筐体サイズは 132.4 x 65.5 x 6.7mm、質量は 115g。けっこう薄い端末です。しかし、バッテリー容量は 1,860mAh と平均よりやや少ない印象。カラバリは Charcoal Black、Dazzling White、Frosted Gold、Sleek Silver、Scuba Blue の 5 色。Galaxy Alpha の主要スペックは、4.7インチ1,280×720ピクセルのHD Super AMOLEDディスプレイ、2GB RAM、32GB ROM(Micro SD 無し)、背面に 1,200 万画素カメラ(4K 撮影対応)、前面に 200 万画素カメラを搭載。Wi-Fi a/b/g/n(2×2 MIMO)、Bluetooth v4.0、DLNA、NFC などに対応しています。Micro USB 端子の規格は USB 2.0 です。Galaxy Alpha の OS は Android 4.4.4 (KitKat)で、Galaxy S 5 と同じ TouchWiz UX を搭載しています。また、ホームボタン上に指紋センサーを搭載しており、指紋認証機能を利用できます。背面には心拍センサーを搭載しており、S Health アプリなどを通じてユーザーの心拍数を測定できます。今回発表されたのは、LTE Cat.6 (下り最大 300 / 上り 50Mbps)に対応した「SM-G850F」のみ。噂では 64GB モデルもある伝えられていましたが、今回は発表されていません。Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy Alphaに搭載された同社初の20nmプロセッサ「Exynos 5430」を発表
「HP Chromebook 11 G3」はBay Trailプロセッサを搭載。詳細が公開される
Googleの周辺情報検索アプリ「Field Trip」がGoogle Nowと連携

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP