体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PS4『ウォッチドッグス』プレイレポ その2:オープンワールドを活かしたサブクエストをドバっとご紹介!編

ウォッチドッグス

皆さんこんにちは。ライターのあいひょんです。

本作は、シカゴの街を舞台としたオープンワールドなゲームです。
”オープンワールドゲーあるある”なのですが、本作でもしばしばメインストーリーそっちのけでひたすらサブクエストに勤しんでしまいました。やらなくてもクリアできるのに・・・!

ウォッチドッグス 進行状況

今回の記事では、本作のオープンワールドを活かしたサブクエスト(サイドミッション、調査、デジタルトリップなど)がどのような感じであるのかを紹介していきます!

なおこれまでの記事では、『ウォッチドッグス』のゲーム内容や世界観・キャラクターの紹介などをお送りしました。ご興味があれば過去の記事にもお目を通していただければ。

PS4『ウォッチドッグス』プレイレポ その0:楽しいハッキングライフがはじまるよー!編(ゲーム紹介と初回特典について) – ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/609359 [リンク]

PS4『ウォッチドッグス』プレイレポ その1:キャラクターが魅力的だ!編 – ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/641513 [リンク]

今回もネタバレ的な内容は含まれておりませんので、安心してお読みください。
 

サイドミッション

ウォッチドッグス 犯罪探知

「サイドミッション」は全4種類です。
 
[犯罪探知]

街を移動しているとランダムに発生するサイドミッションです。
犯罪を起こしそう/巻き込まれそうな市民がいるので、犯罪発生まで近場で見つからないように息を潜め、犯人が手を下そうとしたタイミングで無力化することができれば達成です。(そうなる前に飛び出すと失敗となります。しかし犯罪が防げてよかったのでは・・・?)
すべてのサブクエストの中で「犯罪探知」のみ発生数に制限はありません。
20回達成するとトロフィー/実績が解除されます。
主人公エイデンには評判というパラメータが用意されていて、評判が低いと市民に通報されやすくなってしまいます。「犯罪探知」を達成すると評判が上昇するので、カーチェイスで無実の市民を巻き込みすぎて評判が下がり気味のときなどは大いに助けとなってくれるサイドミッションです。
 

[フィクサー契約(全40個)]

「フィクサー契約」は数が多いため、すべてのサブクエストの中で最も時間がかかったと思われます。車両を用いた以下の4種類いずれかの指令をこなせれば達成です。

 ・「運び屋」:シビアな制限時間の中で車両をなるべくキレイな状態で届ける
 ・「オトリ」:警察の目を引くために指定されたコースを制限時間以内に通過する(警察によるctOS経由のサーチを無効化できる「ジャミング」を適宜使用すれば警察車両が現れなくなるので楽)
 ・「逃走」:敵から逃げたあと再び見つからないように気をつけながら車両を指定場所に届ける
 ・「傍受」:ターゲットの後ろをついて回り重要データを回収する(ターゲットが脇道やけもの道ばかり選んで逃げるので注意)

1 2 3次のページ
あいひょんの記事一覧をみる

記者:

ライターもしくはただのゲームお化けです。書き物仕事を積極的に募集中。お話したい人はTwitterにて、どうぞ。

TwitterID: Aihyone

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。