ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメコミ風でちょっと男前なスカヨハがクール! 映画『LUCY/ルーシー』のウェブグラフィックノベルをガジェット通信で先行公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ナタリー・ポートマン(『レオン』)、アンヌ・パリロー(『ニキータ』)、ミラ・ジョボヴィッチ(『フィフス・エレメント』『ジャンヌ・ダルク』)など、はかなくも力強い女性像を描き続けてきたリュック・ベッソン監督と、スカーレット・ヨハンソンが始めてタッグを組んで新たなヒロイン像を創り上げた映画『LUCY/ルーシー』が、8月29日(金)より公開となります。


ごく普通の生活を送っていた女性ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、ある日マフィアの闇取引に巻き込まれてしまいます。密輸のため、彼女は体内にある物質の入った袋を埋めこまれますが、体内で漏れ出すアクシデントによって、彼女の脳は突如覚醒を開始。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中、次々に人知を超えた能力を発揮するルーシー。しかし一方で、次第に人間性を失っていく彼女は自分自身でさえもコントロール不能な状態となって暴走していきます。ルーシーの脳が100%覚醒に近づく中、彼女の存在は人類を救うのでしょうか、それとも破滅へと導いてしまうのでしょうか……。

すでに公開された全米では初登場ナンバーワンの大ヒットを記録し、リュック・ベッソン監督がこれまでに手がけた全作品の中でキャリア史上最高のオープニング成績を樹立するなど話題となっている本作。日本での公開が待たれる中、ガジェ通編集部では、この映画の公開を記念して制作された“ウェブグラフィックノベル”を入手、先行で公開いたします。


映画の予告編や特別映像では、20%、30%、40%と脳が徐々に覚醒するに従って、“記憶力アップ”、“細胞をコントロール可能”、“制御不能なパワー”などという、普段では持ち合わせていない能力を次々に獲得していくルーシーが描かれています。同様に、グラフィックノベルでは、覚醒20%、覚醒50%、覚醒60%の3パターンで、ルーシーの人間離れしたそれぞれの能力を紹介。


“他人を操作することが可能”となる覚醒60%では、屈強な男たちに銃を突きつけられても、



顔色ひとつ変えずに、一瞬にして武器を奪い取るルーシー。



脳が覚醒したルーシーの超人的なパワーを端的に表現したグラフィックノベルになっています。さらに、下スクロールでコマを読み進めていくと、背景と人物の絵が少しずつズレたり移動したりするというウェブグラフィックノベル特有の動きを活かして、上のコマで落ちた銃弾が次のコマにそのまま落下してきたり、攻撃した敵を上のコマに吹き飛ばしたりするなど、躍動感あふれる演出を楽しむことができます。コチラは、ぜひグラフィックノベルが公開されている特設サイトで体感してみてください。

『LUCY/ルーシー』グラフィックノベル公開URL:
覚醒20%:http://www.lucymovie.com/intl/jp/graphicnovel/20/[リンク]
覚醒50%:http://www.lucymovie.com/intl/jp/graphicnovel/50/[リンク]
覚醒60%:http://www.lucymovie.com/intl/jp/graphicnovel/60/[リンク]

映画『LUCY/ルーシー』特別映像(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=-BLUtdP-SO4&list=UU9llDCAObCbGpsaa66fClKw


『LUCY/ルーシー』公式サイト:
http://lucymovie.jp/

(c) 2014 Universal Pictures

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP