ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スノボ銀メダリスト竹内智香 スイス代表チーム入りが転機に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月、ソチ五輪でスノーボード女子パラレル大回転で日本人初となる銀メダルを獲得した竹内智香選手(30才)。才能に恵まれているように見える彼女だが、7年前には日本代表チームから外されることも。そんな彼女が起伏に富んだ半生を綴った『私、勝ちにいきます』(小学館)を上梓した。

 竹内さんは元マラソン選手で現在スポーツキャスターの高橋尚子さん(42才)と旧知の仲だという。竹内さんと同書を読んだ高橋さんの2人がスポーツ選手としての転機について語った。

 1999年に行われた長野五輪を見て、竹内さんは本格的にアルペンスノーボードを始めた。しかし、「日本人はこの種目で世界に通用しない」、当時はそれが常識だった。そうした中、彼女は2012年12月にイタリアで開催されたW杯で初優勝。そして、前述の通り、ソチ五輪で銀メダルを獲得する。転機は年8月、強豪国スイスのナショナルチームに入ったことだった。

竹内:尚子さんは自分を成長させるために、実業団を転々とする厳しい環境を選ばれたんですよね。

高橋:当時、小出義雄監督に「実業団チームで走らせてください」と申し入れたんだけど何度も断られたの。智香ちゃんもスイスの代表チームには直談判したんでしょ?

竹内:はい。私は当時23才で、日本代表では最高齢になり、代表メンバーから外されてしまったんです。それで、もう失うものはなにもないし、自分を試してみたくて、強豪国のスイス代表チームに直談判したんです。でも何度も断られて。「どうして、スイスチームに知らない日本人選手が入るのか?」って。それでも粘って、まずは2か月限定で練習への参加が許されました。

高橋:しかも、ドイツ語を話せないと練習参加は認められなかったんでしょ?

竹内:スイスにベビーシッターをすることで無料で住まわせてくれる家があったので、ベビーシッターをしながら覚えました。

高橋:私も英語は勉強したけど、そのうえドイツ語もなんて本当にすごいと思うよ。

竹内:ありがとうございます。日本の代表チームを外れたことが悔しかったし、日本人は世界に通用しない、という言葉を見返してやりたかったんです。このまま手ぶらで日本にも帰れないという“意地”もあったと思います。

「スイスへ行けばなんとかなる」ではなく、「なんとかする」という強い気持ちで行動していました。

高橋:その意地とプライド、そして志が高いからこそ4度目のオリンピックでメダルが獲れたんだよね。

※女性セブン2014年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
デーブ氏 「ポセイドンジャパン、沈没だけはしないで(笑い)」
バスケ日本代表大庭久美子 よく“コメットさん”といわれる
W杯日本代表合宿 高さ約10mの巨大「鉄のカーテン」が登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP