ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暴走おばあちゃん スーパーでイチゴをつまみ食いして平然

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 猛暑のなか、高齢者が体調を崩さないか心配される。が、「暴走老人」のパワーは暑さの中も健在だ。「年寄り」の印籠をかざして、「何でもあり」の振る舞いが多く目撃された。

 まずはスーパーで目撃の「暴走老人」行為。年をとればとるほどマイペースになっていくのはいいけれど、常識が通じなくなるのは困りもの。

「この間、夕食の買い物に行ったスーパーですごいおばあちゃんを見たんです」とこぼすのは、埼玉県在住のA美さん(47才・主婦)。

「果物コーナーで、売り物のイチゴをパックから出して食べてるんです! いくつか種類があるので丁寧にひとつずつ。店員さんが慌てて『売り物です!』と駆け込んできましたが、そこでおばあちゃんが放ったのは、『味見をしなきゃ味がわからなくて買えない』ですって!

 店員さんも開いた口がふさがらないというか、呆然としちゃっててかわいそうでしたね。結局、『どれも甘くない』と捨て台詞を残して買わなかったんですよ。一粒ずつ抜けたイチゴのパック、どうなったんだろう」(A美さん)

※女性セブン2014年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
もうすぐ五十路なのに純白ビキニを着こなす宮原巻由子さん
薬大量に持ち帰る後期高齢モンスター患者に看護師が疑問抱く
親バカ女医 すねかじりの40才息子はパチンコ店では“王子”

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP