体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MUCC、同期の氣志團と繰り広げた熱すぎる対バン!

3月に開幕した企画ライヴシリーズ「SIX NINE WARS-ぼくらの七ヶ月間戦争-」も佳境に差しかかり、東京・国立代々木競技場第一体育館での最終公演まで2ヵ月を切ったムック。同シリーズの第6弾となる「ARMAGEDDON」の第2夜が、8月9日(土)に東京・新木場STUDIO COASTで行なわれた。

8月9日@東京・新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)

ムックが白羽の矢を立てた個性的なアーティストを各公演に招いて開催中の「ARMAGEDDON」。第2夜の相手となったのは、現在対バンライヴシリーズ「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章」を開催中の氣志團。1997年結成という共通項を持つ2組の同期バンドの対バンは、先攻の氣志團のライヴから口火が切られた。

黒い特攻服に身を包んだメンバーが最初に鳴らしたのはインストゥルメンタルナンバー「房総スカイライン・ファントム」。綾小路翔(Dragon Voice)と早乙女光(Dance & Scream)のキレのある動きやシャウトが、このライヴに賭ける彼らの気合いを伝える。氣志團の弟分・微熱DANJIをバックダンサーに従えての最新ヒット曲「喧嘩上等」や、綾小路の「今日みんなに会えてよかった! ムックと会えてよかった! 地球に生まれてよかった!」というシャウトが響いた「SUPER BOY FRIEND」なども大いに盛り上がったが、やはりオーディエンス全員を熱狂させたのはラストを飾った名曲「One Night Carnival」。サビでムックファンも氣志團ファンも揃って大合唱するも、綾小路は貪欲に「もっと歌ってほしい!」とリクエスト。

終いには「歌っていただけなかったらここを立ち退きません!」「歌ってくれなかったらミヤくんの家のポストにひどく弱った鳩を入れます」と脅し、ミヤが鳩を家に入れた瞬間に息が絶えるように仕掛けることを断言する。会場のブーイングを受けながらも、綾小路は「ミヤくんは繊細な人です。ギターが弾けなくなり、作詞も作曲もできなくなる。茨城に帰る。君たちがムックを殺すんだ!」と観客を脅す。その言葉に従うように美しく盛大な合唱が会場に響くと、学ランにサングラス姿のミヤ(Gt)が現れ、フロアはサプライズに狂喜乱舞した。ミヤはギターを抱えているにもかかわらず、演奏そっちのけで氣志團と一緒に振り付きでダンス。その完璧な振りに氣志團のメンバーも観客も大爆笑していた。

一方のムックも、氣志團が存分に温めたフロアの熱気をさらに高めるようなライヴを展開。序盤は重低音が響く「ENDER ENDER」を皮切りに「Mr.Liar」「G.G.」といった激しさを打ち出したナンバーを連投し、会場を揺らしていく。氣志團の熱演に負けじと逹瑯(Vo)は普段以上にエモーショナルに歌い上げ、ミヤもギターをかき鳴らしながら咆哮。オーディエンスも盛大なシンガロングで応え、ステージとフロアの垣根を超えて場内に一体感が生み出される。「お前らめちゃくちゃ声出てるじゃん。もっともっと声出していこうよ!」と煽れば、フロアから沸く歌声はますます大きくなった。

逹瑯は曲間に「すごかったね、氣志團! たぎった。すごいよ」と氣志團のパフォーマンスに刺激を受けたことを明かし、彼らへのリスペクトをあらわにする。また、「(氣志團が主催する)『極東ロックンロール・ハイスクール』にも『氣志團万博』にも誘いが来ないからこっちから誘おう、と」と今回の対バンに至った経緯を口にした。綾小路のようにトークが得意ではないという逹瑯は、手短にトークを済ませてライヴモードにシフト。YUKKE(Ba)のアップライトベースとSATOち(Dr)の軽快なリズムの掛け合いが艶やかなムードを醸し出す「ピュアブラック」、9月10日にリリースされるニューシングル「故に、摩天楼」などで観客を魅了する。

ライヴもいよいよ終盤戦というとき、逹瑯は「『One Night Carnival』を上手に歌いやがってよ。ヤキモチ焼かせてくれるじゃないかよ」と氣志團に対するジェラシーを覗かせる。そして、「最高に暴力的で、最高にパワフルで、最高に愛にあふれた形見せてやろうぜ。ひとつになろうぜ!」と叫び、天井からスモークが噴射される中で「MAD YACK」を投下。4人が観客と向かい合うように轟音を鳴らすと、その音に呼応するようにクラウドサーフとサークルモッシュがフロアのあちこちで発生し、フロアに狂乱の渦が生み出された。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy