ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lava、8コアプロセッサを搭載した新型Androidスマートフォン「Xolo Play 8X-1200」を発売、価格は同社最高額

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドのスマートフォンメーカー Lava が 8 コアプロセッサを搭載した新型スマートフォン「Xolo Play 8X-1200」を現地で発売しました。Xolo Play 8x-1200 は、同社がこれまでに発売してきたスマートフォンの中で最も高額な機種になります。しかし、価格自体は 19 999 ルピー(約 33,400 円)と世界の水準からするとミッドレンジ。Xolo Play 8X-1200 は、5 インチ 1,920×1,080 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ、MediaTek MT6592T 2.0GHz オクタコアプロセッサ(Cortex-A7×8)、Android 4.4.2(KitKat)を搭載。全体的に高いスペックを持ち、同社が最近発表した独自のカスタム UI 「Hive」を備えたところが特徴です。メモリは 2 GB RAM と 16 GB ROM(Micro SD 対応)、カメラは背面に 1,300 万画素 Pure Cel イメージセンサー(裏面照射型 CMOS)と前面に 500 万画素(裏面照射型 CMOS)を搭載。バッテリー容量は 2,300 mAhです。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/EDGE/GPRS、WCDMA/HSPA+(21Mbps)に対応。筐体サイズは 143 x 68.5 x 9.7mm です。Source : Xolo


(juggly.cn)記事関連リンク
米Verizon、2016年にLTEのみをサポートしたスマートフォンを投入する意向
TapPath ; アプリやWEBブラウザに表示されるリンクのタップ操作に回数に応じてアクションを設定できるこれまでに無かったユーティリティアプリ
HTC、ハイライトムービアプリ「Zoe」を今週後半にGoogle Playストアにリリース予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。