ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名古屋めしの代名詞、味噌煮込みうどんを味わえる歴史ある老舗

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月10日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系、毎週日曜日午前10時)の「壇蜜日和」というコーナーで、タレントの壇蜜さんと作家の辻仁成さんが栄にある「山本屋総本家」(愛知県名古屋市)を訪れた。

 大正14年創業の老舗である同店は、名古屋めしの代名詞といっても過言ではない味噌煮込みうどんを提供している。独特の渋みを持つ八丁みそと甘みのある名古屋産白みそを、秘伝の割合で調合。また、国産の小麦粉と水のみで打っているうどんは、下茹でをせずにそのまま煮込む。土鍋のまま提供しているので、運ばれてきた際にグツグツと煮立つ音も楽しむことができる。

 「親子煮込みうどん」を食べた壇蜜さんは「開けた瞬間、ウワッ濃そうだなって思ってもどんどん食べられるあっさり感があるんですよね。不思議な食べ物です」と気に入った様子だった。フランスのパリに住んでいる辻さんは「味噌煮込みうどんだけはパリにないです。うどんもそばもあるんですよ本格的な。これは名古屋だけですね。世界で」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク

ニュースのお店を見る:山本屋総本家(ぐるなび)のお店紹介

周辺のお店を見る:栄周辺のお店紹介

同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介

ぐるなび検索:栄周辺×和食のお店一覧

名古屋めしの代名詞、味噌煮込みうどんを味わえる歴史ある老舗

中山秀征らが、澤穂希行きつけの焼肉店で最高級黒毛和牛を堪能!!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP