ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マッサージでは治らない!体の痛みの本当の原因とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 オフィスワーカーなら肩こりや頭痛、肉体労働者なら腰痛やひざ痛など、どんな仕事をしていても体の不調はつきまといます。特に30代以降ともなると、体のどこも痛くないという人の方が少ないかもしれません。
 ところで、体のどこかが痛い時、私たちはマッサージに通ったり、患部に湿布を貼ったりしますが、あまり良くならないか、一時的に症状が和らいでもすぐにまた痛み出して、慢性化してしまうことが珍しくありません。これは一体なぜなのでしょうか?
 今回は『「黒幕」を知れば痛みは治る!──あなたの痛みが治らない「本当の理由」』(自由国民社/刊)の著者で、トレーナーとして2006年のFIFAクラブワールドカップに参加した経験を持つ、たかこ整骨院院長の高子大樹さんにインタビュー。体の痛みが慢性化する原因と対策についてお聞きしました。その後編です。

―本書では、痛みの「黒幕」を探る方法が書かれていますが、それ以前に体を痛めないためにどんなことをすべきなのでしょうか。

高子:本の中にストレッチのやり方が載っているのですが、ポイントは左右差をチェックすることです。
なぜ体が歪むかというと、利き腕を使いやすくなるからという一面もあるので、ある程度の歪みはあってもいいのですが、あまり体の左右差が大きくなってしまうと痛みに繋がってしまいます。だから、普段から左右差を意識してなくすように体操や運動をしていると痛みは防げると思います。

―ストレッチ以外ということですと、散歩やジョギングなどがいいのでしょうか。

高子:ラジオ体操とか、シンプルなものでいいんですよ。簡単なことをいかに左右を意識してやるかというのが大事です。

―私たちはどうしても体が痛いと「マッサージ」「湿布」という発想になりがちです。痛みの原因が他の場所にあるとすると、この方法では治りません。

高子:炎症ですとか、その部分自体を痛めているのであれば湿布やマッサージは効果があります。ただ、それで治らない場合は痛みの原因となっている場所が別にあると考えていただきたいです。
通常、炎症は3日から4日で収まるとされているので、「3、4日湿布を貼っていても痛みが取れない」というのは、別の原因を考えてみるタイミングの一つの目安になると思います。

―体の痛みの「根本的な解決」となると、どんなことが必要なのでしょうか?

高子:「黒幕」になっている箇所、つまり筋肉が縮まってしまっている箇所をいかに見つけて緩めてあげるかということです。筋肉を緩める方法はいくつかあって、ストレッチで伸ばしてあげるのもいいですし、運動をするのもいいです。温めるというやり方も筋肉を緩めて弾力を取り戻すのに有効です。

―固くなっているところをストレッチなどで伸ばしてしまうと、今度はその部分が痛くなってしまうのではないかと思いますが、そのあたりはいかがでしょうか。

高子:そこは刺激の入れ具合次第といいますか、力の入れ方次第ですね。たしかに、あまりぐいぐい強く伸ばしてしまうと、「伸張反射」というのが起こって、筋肉がかえって縮んでしまいますから、あまり強く伸ばさずに気持ちいいくらいで止めておくのがいいのではないかと思います。

―慢性的な痛みを抱えやすい人、抱えにくい人に特徴はありますか?

高子:同じ作業を長時間続ける人は、やはり慢性的な痛みが出やすいです。それと、これは経験から感じていることなのですが、性格的には真面目な人は痛みを抱えやすい。なぜかはわかりませんが。真面目な人ほど、力の抜き方はうまくないというのは言えると思います。そういう人ほど左右差を意識して体操をしていただきたいですね。

―仕事中など、手が離せない時にどうしても体が辛くなってしまったら、どんなことをすればいいですか?応急処置的にできることがあれば教えていただきたいです。

高子:これは難しい質問ですね。痛い場所にもよるのですが、たとえば腰痛であれば冷やすのは一つの方法です。冷やすことで痛覚刺激が麻痺するので、一時的に痛みが和らぐことがあります。ただ高齢者の場合は、冷やすと患部が固まりやすいので、逆に温める方が効果的です。

―最後になりますが、肩や腰などの痛みに悩む方々に向けてメッセージやアドバイスがありましたらお願いします。

高子:余裕がないと、体の「痛い部分」だけにしか目が行かないものなのですが、もしその痛みが長引いているなら、その痛みの原因は別の場所にあるのではないかという視点を持ってみてほしいと思います。
人間の体っておもしろいもので、何もしていないのに痛みが取れることもあるんですよ。でもそれって治ったわけではなくて、脳の働きで一時的に痛みがなくなっているだけで、状況はどんどん悪くなっていきます。
本当にひどい状態になる前に、痛みの「黒幕」を見つけて、根本から治していただきたいです。自分だけでなく親の世代にも使える内容ですので、周りに体の痛みに悩んでいる人がいるなら、この本を手渡していただけたらうれしいですね。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
肩、腰、ひざ…体の痛みが慢性化する理由(高子さんインタビュー前編)
肩こり、腰痛を引き起こす16の悪習慣
あなたは大丈夫?姿勢をゆがめる5つの習慣

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP