ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レディオヘッド、アデルら所属XLレコーディングス25周年コンピ盤がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レディオヘッド、アデルら所属XLレコーディングス25周年コンピ盤がリリース

設立から25年を迎え、現在最も重要なインディー・レーベルとして認知されているイギリスのレーベル・XLレコーディングスのコンピレーション・アルバム『Pay Close Attention』が日本でも発売されることが明らかになった。

レディオヘッド、シガー・ロス、ザ・ホラーズ、フレンドリー・ファイアーズ、ボビー・ウーマック、ギル・スコット・ヘロン、キング・クルエルといった、ベテランから若手まで、幅広いアーティストが所属しているXLレコーディングスは1989年に現在オーナーを務めるリチャード・ラッセルが中心となり「ベガーズ・バンケット」と共同で設立。1994年のプロディジーの3作目『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』が全世界22ヵ国で初登場1位を獲得、1999年にはベースメント・ジャックスをデビューさせるなど、初期にはダンス・ミュージック作品を多く手掛けていたが、2000年以降フリーク・フォーク、オルタナティヴ・ロック、ヒップホップなど他のジャンルにも手を広げ、現在の所属アーティストは多様な顔ぶれとなっている。最近では、2011年にリリースされたアデルの2作目『21』が、グラミー賞主要3部門を含むノミネートされた6部門を全て受賞。また、ヴァンパイア・ウィークエンドの3作目となる『モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ザ・シティ』では、インディー・レーベル史上初となる2作品連続全米1位を獲得の快挙を達成するなど快進撃を続けている。

リチャード・ラッセルのコメントによると、タイトルの『Pay Close Attention』とはプロディジーが「Out Of Space」でサンプリングしたクール・キース(ウルトラマグネティックMC’s)の言葉。パート1はXLのルーツとなるDJの為に作られたアンダーグラウンド・ミュージックを収録、パート2は“私たちの想像以上にレーベルを大きくしてくれたアーティスト”を収録しているとのことで、アデルの「ローリング・イン・ザ・ディープ」、ホワイト・ストライプスの「セブン・ネイション・アーミー」プロディジー「ファイアスーターター」などの有名曲も収録。さまざまなアーティストの楽曲を通してXLレコーディングスの歴史のみならず、海外の音楽界の変遷を感じることが出来る作品だ。(岡本貴之)

・『Pay Close Attention』海外公式サイト

pay-close-attention.com

Various Artists

『Pay Close Attention:XL Recordings』

2014年9月17日(水)発売

品番: BGJ-10201~2(2枚組)

レーベル:XL Recordings / Hostess

価格:2,371円+税

〈収録曲〉

(Disc 1: )

1. SL2 – DJs Take Control

2. The Prodigy – Out Of Space

3. Awesome 3 – Don’t Go (Kicks Like A Mule Mix)

4. Liquid – Sweet Harmony

5. Jonny L – Piper

6. Roy Davis Jr. featuring Peven Everett – Gabriel (Live Garage Version)

7. Dem 2 – Destiny

8. Nu-Birth – Anytime

9. Basement Jaxx – Jump N’ Shout

10. Dizzee Rascal – I Luv U

11. Wiley – Igloo

12. Various Production – Hater

13. Giggs – Talkin The Hardest

14. SBTRKT – Wildfire (feat. Little Dragon)

15. Jamie xx – All Under One Roof Raving

(Disc 2)

1. The Prodigy – Firestarter

2. Peaches – Fuck The Pain Away

3. The White Stripes – Seven Nation Army

4. Devendra Banhart – I Feel Just Like A Child

5. Ratatat – Seventeen Years

6. M.I.A. – Paper Planes

7. Thom Yorke – The Eraser

8. Gil Scott-Heron – New York Is Killing Me

9. Radiohead – Weird Fishes / Arpeggi

10. Tyler, The Creator – Yonkers

11. The Horrors – Sea Within A Sea

12. Jai Paul – BTSTU (Edit)

13. Bobby Womack – Please Forgive My Heart

14. The xx – Angels

15. Sampha – Too Much

16. Vampire Weekend – Step

17. King Krule – Easy Easy

18. Adele – Rolling In The Deep

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。