ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガチャピンとムックがいつのまにか「声変わり」していた事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ひらけ!ポンキッキ』は放送開始から40周年を迎えた、日本における子ども番組の金字塔とでも言うべき番組。現在はBSフジにて、『beポンキッキーズ』と番組名を変更して放送中、もちろんポンキッキをスタート当初から支えるガチャピン(5歳=恐竜のこども)とムック(5歳=雪男のこども)も健在である。その2人(匹)が、8月5日放送の『バイキング』で、告知のために出演したのだが、この放送を見た視聴者から驚きの声が挙がっている。

「久々にガチャピンとムックの声を聴いたんですけど、どちらも声質が違うんです。ガチャピンは以前のようなクリアで明るい声ではなくて、少しトーンが下がって落ち着いた感じ。ムックは、もっとアダルトな声になっている。どちらも以前の雰囲気と似ている声なんですけど、よく聞くと明らかに違う。親しみ慣れた声でしたから、すぐわかりました」

 人気キャラクターの声優交代と言えば、本来なら2005年のドラえもんのように大々的に打ち出したほうが、注目度が集まるというもの。しかし、この交代劇には一切のアナウンスがない。なにゆえ、こんなにひっそりと声優交代を行う必要があったのだろうか? テレビ局関係者は語る。

「実は今年の4月にはすでに交代していました。長年、ガチャピンの声は雨宮玖二子さんが務め、ムックの声は松田重治さんが務めてきました。お二方とも60歳近いので、そろそろ年齢的にも交代したほうがいいんじゃないかという声は挙がっていたと聞きます。とは言え、親しまれてきた声を変えることに抵抗があったんでしょうね。

 ドラえもんのような大胆なチェンジはできず、似た雰囲気の人を起用することでうまくオブラートに包もうとしたのでしょうが、地上波の『バイキング』出演でもろにバレてしまった(笑)。どうせ世間に知れ渡るにしても、DVD発売時に声が変わったことを公表するなど、もっと伝え方があったと思うだけにもったいない気がします。現在は声優に関しては非公表。いっそのことオーディションなどしたほうが盛り上がると思いますけどね」

 長年地上波から遠ざかっているとはいえ、親しまれてきたキャラクターだけにすぐに“声変わり”に気が付かれてしまったのは誤算だったのか。それだけ今もガチャピンとムックの存在は、いまでは大人になった当時の『ひらけ!ポンキッキ』世代にも影響力があるということだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
恐怖の女芸人会 主催・小川菜摘の逆鱗に触れ大久保干される
『HERO』 久利生公平が通販好きという設定は木村拓哉考案
フジ生野&山崎アナ 27時間テレビの夜に男性3人と花火観覧

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP