体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NVIDIA SHIELD Tabletのバッテリーテスト(スクリーンショット)

先月末に米国とカナダで発売された NVIDIA の新型タブレット「SHIELD Tablet」のバッテリー消費を確認できるスクリーンショットが XDA Developers に投稿されていました。タブレットはスマートフォンのように常時使うわけではないので、バッテリーの持ちはそれほど重視されないのですが、参考までに紹介します。テスト条件・内容は、省電力機能を「NVIDIA OPTIMISED」に、輝度を自動にして、NETFLIX(動画ストリーミング)、WEB サーフィン、電子書籍の閲覧をメインで行ったとされています。それでバッテリー容量が 100% → 15% に下がるまでに約 1 日使えたそうです。Awake の部分が数時間消えているので、この間は寝ており使っていなかったのでしょう。その分を差し引くと 15 時間ほどは使えたとみられます。タブレットとしては一般的ですね。後半の急激に下がった部分は、負荷の高いアプリを利用した結果だと思います。つまり、今回のテストでは負荷の高くないアプリや機能をメインに使用したときのバッテリー駆動時間だと言えます。ちなみに、SHIELD Tablet は 8 インチディスプレイ、5,330mAh バッテリーを搭載しています。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
SamsungのVRヘッドセット“Project Moonlight”の写真が流出
CyanogenMod公式ギャラリーアプリ「Cyanogen Gallery」がAndroid Beamをサポート
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2014年8月)、KitKatのシェアが20%を上回る

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。