ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年の夏はクマに注意! ・・・でも、人から愛される動物ともいえる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleやYahooのニュース検索でわかるだけでも、日本各地の広範囲にわたってクマが出没している模様だ。北海道大学大学院獣医学研究科の坪田敏男教授は、クマの目撃事例が相次いでいる要因を「昨年はクマが好んで食べるブナの実が多く、出生率が高くなって個体数が増えたのが原因の一つ」と分析している。

これからの観光シーズン、山や高原などに行くという人も多いだろう。餌を見つけられないクマは、夏から秋にかけて人間の生活するエリアに現れる傾向があるから、レジャー先でクマと鉢合わせにならないよう、注意したいところだ。

一方で、クマは人から愛される動物でもある。テディベアはその代表例だし、「くまのプーさん」や2ちゃんねるのアスキーアート「クマー」など、そのキャラクターは枚挙にいとまがないぐらいだ。

YouTubeなどの動画サイトで検索してみると、アニメなどにとどまらず、世界中で流されている多くのCMでも、クマが起用されているのがわかる。

たとえば、こちらのシリアルのCM。少女とテディベアが一緒にダンスをするもので、「かっこかわいい」動画といえそう。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=XfgcK57orig

一方、こちらの企業もクマをキャラクターにしたプロモーション動画を制作している。世界最大の旅行予約サイト「エクスペディア」のYouTube動画は、クマがスマホを操り、本気ダンスを披露する。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=iC0nS9tW3iM

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=RZnoIBp__Wo

また、ちょっとエッチなクマさんも。日本でも販売されている男性化粧品「AXE」が海外で展開しているCMだ。女性の悶える声が流れるので、音量に注意してご覧ください。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=UHBKlQXAquY

エクスペディアの動画に登場するクマは、単に愛らしさだけを強調したものではないという。エクスペディアとベアから「エクスベア」と名付けられたこのクマは、オス。そして、30~40代の人をキャラクターに投影しているといい、男性ユーザーからすれば自分を、女性ユーザーからは自分の夫や彼氏などがイメージできるよう、生み出されたそうだ。

「エクスペディアのアプリは、世界中の航空券、ホテルを安く簡単に予約できる。エクスベアは、面倒くさがり屋な性格。そんな人でも楽に操作できることを、動画では表している」とは同社広報。また、4本足の動物より、人間と同じく2本足で立つことができる点もクマをキャラクターにした理由だといい、愛らしさだけでなく親しみも感じられる生き物ともいえそうだ。

現実に人里に現れるクマだって、山にポイ捨てされた残飯の味を覚えてしまったり、管理がずさんな人家のゴミを狙っていることもあるとか。野生のクマをただ恐れるだけでなく、私たち人間との共生には何が必要かを考えることも、大切なのかもしれない。

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP