ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

predia、メジャーデビュー後初のワンマンライブはアンコールが鳴り止まず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月6日にシングル「壊れた愛の果てに」でオリコンデイリーシングルランキング(8月6日付)4位を記録し、衝撃のメジャーデビューを果たした、大人系セクシーグループprediaが、8月10日にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで、メジャーデビュー後初のワンマンparty(LIVE)を行った。

先日、東京ドームシティーラクーアガーデンステージで行われたリリースイベントでは約600人を集客し、会場を大きく湧かせた彼女たちだったが、この日のワンマンもSOLD OUT。今勢いに乗っている彼女たちは、今回も圧巻のステージを見せつけてくれた。

まずは、オープニングアクトとして事務所の後輩であるサンミニッツが登場し、勢いを感じさせるパフォーマンスでファンのテンションを上げる。会場の温度が温まったところで、いよいよメンバーが登場。メジャーデビュー曲である「壊れた愛の果てに」からトップギアーでスタートした。湊の「お前ら、盛り上がる準備はできてるかー!」という煽りを受け、「Going To Ride」や「HEY BOY」などアップテンポな曲を次々に歌唱し、ファンとのMt.RAINIERでのライブを楽しんだ。

しかしここで、湊の「メジャーデビューして、私たちの願いが叶いますように・・・。」というMC挟み、村上と共に「願い」を歌唱すると会場の空気は一転。2人が作詞を手がけるこの楽曲には、メンバーと共に過ごしてきた日々、夢や希望、悔しい思いが綴られている。そんな2人の思いが込められた歌詞と美しいハーモニーには、涙ぐむファンの姿も見られた。

ライブ終盤では、代表曲である「Crazy Cat」やライブの定番曲である「Re:start Game」を歌唱。メンバーは大声援に包まれながら、ライブ本編を締め括った。

ファンからのアンコールを受けて再びステージに登場すると、「きみみたいに」「Dia Love」を熱唱。2曲を歌い上げ、11/23(日)に4周年partyの開催をサプライズ発表し、名残惜しさと共にステージを降りると、なんとここでWアンコールの声が。本日2度目となる、「壊れた愛の果てに」を歌唱し、ライブの始まりと終わりをメジャーデビューシングルで飾る形となった。

最後に青山から「今日、デビュー後初のワンマンpartyでこんなにたくさんの人に集まって貰えて本当に嬉しいです。私たちprediaは、これからもっともっとたくさんの夢を叶えていきますので、これからも私たちに着いて来て下さい!」と今後の意気込みが語られ、メンバーはステージを後にした。その後もアンコールは鳴り止むことは無く、この日のワンマンライブは大盛況のうち幕を閉じた。

predia「predia party」
2014年8月10日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
セットリスト

本編
01.壊れた愛の果てに
02.Going To Ride
03.you slipped away
04.HEY BOY
05.Free
06.Mid9t Luv
07.image
08.Sunburned Heat
09.シルキーレイン
10.願い
11.Hey Now!!
12.Cherry Love
13.Crazy Cat
14.DIAMOND HIGH HEELS
15.Dream Of Love
16.忘却のシンデレラ
17.Re:start Game

アンコール
18.きみみたいに
19.Dia Love

Wアンコール
20.壊れた愛の果てに

関連リンク

predia オフィシャルサイトhttp://predia-party.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP