ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LIFriends念願の野音ワンマン開催、大雨に見舞われるも3000人のファンの声援に涙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月10日、東京・日比谷野外大音楽堂にてLIFriendsのツアー「チョーやべーTOUR2014 全国羽村化計画 」のファイナル公演「”共に歩む道~俺達の日比谷野外音楽堂~”」が開催された。

当日は台風11号が接近しており、リハーサル時には豪雨が叩きつけるように降ったが、開演直前にはその雨も一旦弱まり、そのまま開演を皆が待ち望んだ。しかし、まるで彼らの念願のステージの幕開けをお祝いするかのように大雨と共に彼らのステージが始まった。

オープニングから会場のボルテージが一気に盛り上がる中、観客席のど真ん中にボーカルSHUNKUNが一人で立ち、45年ぶりの記録的豪雪のため中止になった渋谷公会堂公演でファンと共に歌う予定であった”共に歩む道”の熱唱と共にライブがスタートした。

その後、「アゲアゲええじゃないか」、「ラブミーベイベー」とシングル曲を連発し会場は大盛り上がり。

他、地元・羽村市にちなんで結成された約100人のはむりんダンサーズが、「スーパスマイラー」をダンスで盛り上げ、続けて羽村の公式キャラクター『はむりん』がステージに登場し、まさしく羽村のことを歌った「羽村ストリートラブストーリー」で一緒に会場を盛り上げた。

そしてライブ後半戦は、デビュー曲「愛して止まないロックンロール」の途中で8月20日にコラボ曲をリリースする盟友「新里宏太」が登場、彼のデビューシングル「Hands Up!!」をLIFriendsと共に熱唱した。前述のコラボ曲「君の瞳にロックオン」のライブを初披露、真夏のポップチューンで会場を最高潮に盛り上げた。

その後もアッパーな曲を連発し、最後に一番のサマーチューン「サマラブイリュージョン」を演奏して、会場のオーディエンスと一つになって本編を終えた。

鳴り止まないアンコールの中、LIFriendsはステージ上に再登場。拍手とともに迎えられたSHUNKUNは涙とともに今まで抱いて来た熱い思いをファンに向けて語った。そして、ベースでリーダーのFUNKYはたった5人で始めたバンドがこの3,000人の前でライブが出来るようになるとは思わなかったと会場の涙を誘った。最後に彼らが一番大事にしてきたもの仲間を歌った曲、「仲間」を披露し2時間に渡るステージの幕を閉じた。

関連リンク

LIFriends Facebookページhttps://www.facebook.com/LIFriends

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP