ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

近藤晃央、自らが主題歌を歌うドラマ「ペテロの葬列」に出演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミステリー女王・宮部みゆき原作、小泉孝太郎主演で今、大人気のドラマ『ペテロの葬列』主題歌「心情呼吸」を歌うシンガーソングライター近藤晃央が、8月11日 赤坂サカスのデリシャカスステージにて、【TBS系 月曜ミステリーシアター『ペテロの葬列』×近藤晃央 スペシャルミニライブ in 赤坂SACAS】を開催した。

8月2日に13時間超に渡って放送されたTBSの特番『音楽の日』でも歌われ大反響を呼んだ「心情呼吸」のMUSIC VIDEOが会場で初お披露目された後、スペシャルゲストに主演の小泉孝太郎をステージに迎え、8月20日にリリースされる「心情呼吸」のほか、昨年、宮部みゆき原作×小泉孝太郎主演で映像化されたシリーズ第1弾『名もなき毒』に提供した主題歌「あい」、代表曲「らへん」など、全3曲を披露。小泉孝太郎や近藤晃央をひと目観ようと集まった超満員の会場を魅了した。

今回撮影スタジオなどで何度か顔を合わせたりしていた2人ではあったが、初めて生で今作『ペテロの葬列』の主題歌「心情呼吸」を聴いた小泉孝太郎は、「ドラマの3ヶ月間、この曲とともに生きてエネルギーをもらっています。」と賞賛していた。

また、近藤晃央は、小泉孝太郎へのサプライズとして、現在、全国各地をまわって開催している「心情呼吸」の予約会イベント会場でファンの方々からもらった小泉孝太郎はじめドラマ出演者陣や近藤への応援メッセージがビッシリ書き込まれた『ペテロの葬列』特製フラッグをステージで披露。小泉孝太郎は、「主題歌だけでなく、こんな活動もしていただいていたなんて。」と、数々のメッセージに感激した様子で、盛り上がっていた。

イベント終了後、司会のアナウンサーから「実は、来週8月18日放送の『ペテロの葬列』に、近藤晃央さんも出演されることが決まりました。」とサプライズ発表があり、会場にいる近藤晃央ファンからはどよめきに近い歓声と拍手が送られていた。

近藤晃央はこのあとも、全国各地で予約会、およびリリース記念のミニライブと特典付き握手会を実施。全部で40ヶ所近くで、生で「心情呼吸」を届けていく。

関連リンク

近藤晃央official web sitehttp://www.akihisakondo.jp/ 
近藤晃央ファンクラブ「UDONCO」http://akihisakondo-fc.net/ 
近藤晃央twitterhttps://twitter.com/staff_akihisaK

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP