ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何かと話題の牛丼業界 今度はあのマンガ喫茶大手も280円牛丼で参戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

松屋の”プレミアム値上げ”に、すき家の”パワーアップ騒動”など、とかく、めまぐるしい変化を続けている牛丼業界。そんな牛丼戦争に、新たに低価格牛丼を武器に参戦したのが、マンガ喫茶のマンボーだ。

マンボー側によると、「本気でつくった」という今回の牛丼は、試作を重ねに重ねた末に完成した自信作のようで、こだわりのタレで煮込んだ肉と、甘いたまねぎのコンビネーションが魅力の逸品とのこと。

提供価格は280円(同・松戸東口店による)と、大手牛丼各社が提供しているラインナップにも決して引けをとらない価格設定。ネットサーフィンやマンガを読んでの「息抜き系のランチタイム」にはうってつけのメニュー だ。

絶えず激戦が繰り返される牛丼戦国時代にあって、突如として巻き起こった、この異業種による殴りこみ(?)、果たしてその命運やいかに…!?

文・今岡憲広

■参照リンク 

マンガ喫茶 マンボー 松戸東口店

http://manboo.co.jp/hotnews.php?id=1090 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP