体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

近藤晃央、赤坂サカスのイベントにてドラマ『ペテロの葬列』への出演を発表

大人気のドラマ『ペテロの葬列』の主題歌「心情呼吸」を歌うシンガーソングライター・近藤晃央が、8月11日(月)に赤坂サカスのデリシャカスステージにて、「TBS系 月曜ミステリーシアター『ペテロの葬列』×近藤晃央 スペシャルミニライブ in 赤坂SACAS」を開催した。

8月11日(月)@赤坂サカス・デリシャカスステージ (okmusic UP's)

8月2日(土)に13時間超に渡って放送されたTBSの特番『音楽の日』でも歌われ大反響を呼んだ「心情呼吸」のミュージックビデオが会場で初お披露目された後、スペシャルゲストに主演の小泉孝太郎をステージに迎え、8月20日(水)にリリースされる「心情呼吸」のほか、昨年、宮部みゆき原作×小泉孝太郎主演で映像化されたシリーズ第1弾『名もなき毒』に提供した主題歌「あい」、代表曲「らへん」など、全3曲を披露。小泉孝太郎や近藤晃央をひと目観ようと集まった超満員の会場を魅了した。

今回撮影スタジオなどで何度か顔を合わせたりしていた2人ではあったが、初めて生で今作『ペテロの葬列』の主題歌「心情呼吸」を聴いた小泉孝太郎さんは、「ドラマの3ヶ月間、この曲とともに生きてエネルギーをもらっています。」と賞賛していた。

また、近藤晃央は、小泉孝太郎へのサプライズとして、現在、全国各地をまわって開催している「心情呼吸」の予約会イベント会場でファンの方々からいただいた小泉孝太郎をはじめドラマ出演者陣や近藤への応援メッセージがビッシリ書き込まれた『ペテロの葬列』特製フラッグをステージで披露。小泉孝太郎は、「主題歌だけでなく、こんな活動もしていただいていたなんて。」と、数々のメッセージに感激した様子で、盛り上がっていた。

イベント終了後、司会のアナウンサーから「実は、来週8月18日放送の『ペテロの葬列』に、近藤晃央さんも出演されることが決まりました。」とサプライズ発表があり、会場にいる近藤晃央ファンからはどよめきに近い歓声と拍手が送られていた。

近藤晃央はこのあとも、全国各地で予約会、およびリリース記念のミニライブと特典付き握手会を実施。全部で40ヶ所近くで、生で「心情呼吸」を届けていくということなので、是非、オフィシャルHPをチェックして、近くに来る際にはその耳で歌声を感じて欲しい。

■ドラマ『ペテロの葬列』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/petero2014/

シングル「心情呼吸」
2014年8月20日(水)発売
【初回生産限定盤】(紙ジャケット仕様)
BVCL-606/¥1,204+税
<収録曲>
1. 心情呼吸
2. あい-plugless ver.-
3. あの娘が嫌い

【通常盤】
BVCL-607/¥1,204+税
※初回仕様限定盤は紙ジャケット仕様
<収録曲>
1. 心情呼吸
2. 片隅スマイル
3. あの娘が嫌い

「心情呼吸」予約会ミニライブ&特典会
【予約者特典】
下記イベント会場の即売所にて8月20日(水)発売「心情呼吸」(初回生産限定盤:BVCL-606、通常盤:BVCL-607)をイベント当日に全額前金にてご予約頂いた方に、先着でイベント参加券を差し上げます。イベント参加券をお持ちのお客様は当日、ミニライブ終了後の下記特典会にご参加頂けます!!
※前金にてご予約後の変更/キャンセルは一切お受付できませんので、何卒ご了承ください。
※即売会場でのお支払いは現金のみとなります。予めご了承ください。

・CD1枚ご予約:握手+直筆サイン入りアナザージャケット
・CD2枚ご予約:握手+直筆サイン入りアナザージャケット+近藤晃央との2shotを撮影
※お客様がお持ちのカメラ(携帯電話のカメラ、もしくはデジカメ)で近藤晃央との2Shotを撮影が出来ます(スタッフが撮影いたします)

■神奈川県
【公演日】8月13日(水)
【開演】15:00 ※予約受付開始時間/14:00
【会場】たまプラーザテラス ゲートプラザ1Fフェスティバルコート
※ご予約頂いた商品の宅配便による発送も承ります。送料は540円です。
(商品は発売日より順次発送させていただきます。)

■埼玉県
【公演日】8月14日(木)
【開演】1回目/13:00~ 2回目/16:00~ 予約受付開始時間/12:00~
【会場】レイクタウンmori 1階 木の広場

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。