ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マンネリ気味の彼を、もう一度夢中にさせる5ステップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


どんなカップルにもやってくるマンネリ問題。
彼の対応が雑になったり、情や惰性でつきあっているのかな? と疑問を感じたりしたら、意図的に変化を与えて恋愛感情を再燃させちゃいましょう。

会う頻度を下げてみる

デートも習慣のようになっていたらありがたみも半減。「会うのが新鮮」という状況を作り出してみるのもひとつの手です。
「なんで」「どうして」と落ち込んでいるより、この機会にひとりの時間を作ってリフレッシュしちゃいましょう。

一緒に何かはじめる

ふたりとも経験のない未知の世界を体験してみることで、まだ相手が知らない自分の一面を見せることができるかも!? いまの季節なら、お互い初めての場所への旅行なんかもよさそう。

想い出の場所に行ってみる

告白のとまどい、初デートのドキドキ、ファーストキスのときめき…。想い出の「ふたりの由来スポット」を訪れ、当時の気持ちを呼び起こしてみては?

イメチェンをする

そもそもマンネリとは、新鮮さがなくなった状態。思い切って大胆なイメチェンをして彼に刺激を与えましょう! 新しいことをはじめて世界観を広げてみるのもいいかも。

チョコレートを食べる

ドキドキしているときに分泌される恋愛ホルモン「PEA」。チョコレートやチーズ、赤ワインに含まれているので、彼とのディナーはイタリアン、ふたりで食べるおやつはチョコにすると効果があるかも♪
なお「PEA」の分泌を考えると、長くても3、4年で恋愛感情が冷めてしまうのはある意味当然。どうしてもドキドキ感の再到来が無理そうであれば「絆ホルモン」「愛着ホルモン」などと呼ばれる恋愛ホルモン「オキシトシンを分泌させて。
相手への信頼感を増したり安らぎや幸福感を得られるこのホルモンは、愛を深めるだけでなく、浮気防止にもひと役買ってくれるみたい!!
スキンシップをすることで分泌が促進されるそうなので、マンネリのときこそイチャイチャするのがいつまでも仲のいいカップルでいられる秘訣かも。
Rear view of a couple image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
じつはがっかりされていた、お泊まりデートで減点対象になること
元彼をひきずってしまうのは、無意識の行動が原因かも
意外なことでフラれちゃう!? デートのときに気をつけたいこと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP