ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドルグループ・ゆるめるモ!、狂喜の3時間超えワンマン大成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューウェーヴアイドルグループ・ゆるめるモ!が、8月9日に東京・LIQUIDROOM ebisuにて、彼女たちにとって最大規模となるワンマンライヴ「2014:A Space Odyssey On Liquid RooMo!~リキッドルーモ!号で行く、2014年宇宙の旅~」を開催した。

1stアルバムのリリースと同時に発表されたこのライヴだが、突如の大キャパシティの会場ゆえ、ファンも含め動員数へ不安の声が集まっていた。しかし、フタを開けてみれば1000人のオーディエンスを集め、LIQUIDROOMは超満員に膨れ上がった。

17:00、開場と同時に「リキッドルーモ!号」の艦長こと掟ポルシェがDJプレイを披露。スーサイド等のニューウェーヴ・ナンバーを続々スピンしフロアを温め、ラストの意表をつくL.A.スタイルの「James Brown is Dead」で大歓声の中、旅の出発を宣言した。

そしていよいよライヴ本編へ。この日はメンバー自らの演奏も含めたバンド編成がメインであり「同時に20人以上がステージに上がることもある」と事前に公言されていた。ミニアルバム「箱めるモ!」で共作した箱庭の室内楽を中心に、ぶ厚いアンサンブルの中「Majiwaranai CAts」「私と私と私と私と私と私と私と私と」などを次々たたみかけていった。

アルバムの発表後、初の地方遠征などを重ねてパフォーマンスが磨き上げられていく中、MCでは“逃げドル”らしいトークで会場をふんわりゆるめてゆく。

「木曜アティテュード」では作詞をつとめたラッパー・DOTAMAが参加。彼にフリースタイルを求められたメンバーの脱力感たっぷりなラップでさらにフロアはゆるむ一方。しかし「SWEET ESCAPE」では二度目の共演となるJOJO広重(非常階段)が登場し、フィードバック・ノイズが鳴り響く中、10分超というクラウト・ロック×アイドルというエポックメイキングな同曲の画期性を改めて実感させ、場内は恍惚の空気に包みこまれた。

しかし、MCを挟んでからの「リキッドルーモ!」「ゆるゼロ」というメンバー演奏曲では、ローファイ感が満開。しかし、自分たち自身がバンドとなるという新たな一歩を踏み出した。

「生きろ!!」「スキヤキ」といった代表曲を歌ったのち、この日の大きなイベント、メンバー・ゆいざらすの卒業セレモニーへ。脱退を告げた場面の映像を場内は静まり返って見つめ、そしてエースのももぴが“卒業証書”を読み、ファンの方々からは卒業アルバムと花束が手渡される。ゆいざらすが母からの手紙に号泣するシーンに改めて“卒業”という事実を誰もが受け止めながらも、しかし、笑顔を取り戻し、ゆるめるモ!なりの別れの歌「DO FUFU」「さよならばかちゃん」で彼女を送り出す準備を整えた。

再びバンドセットに戻り、JOJO広重、張替智広(キンモクセイ)も加えたトリプルギター/ツインドラムによる怒涛のウォール・オブ・サウンドで「OO(ラブ)」「たびのしたく」へ。音の渦に呑み込まれ熱狂し、そして、ゆいざらすのシンボルカラー・黄色のサイリウムと風船に包まれたフロアは、まさに狂喜の祭りの様相であった。

本編ラストの「なつ おん ぶる ー」では、ビーチボールや浮き輪が場内に溢れ、カオティックな多幸感が溢れ出す。このライヴに先駆け、プロデューサーの田家大知はとあるインタビューで「頭のおかしいことをしたいんです。アイドルは遊び放題で、すごい表現方法だと感じているし、面白がってくれる人もいっぱいいるし、ドラッギーな曲をどんどん出したいです」と語っていた。その夢がまさに実現したシーンであった。

大歓声で迎えられたアンコールでは、「私の話、これでおしまい」「逃げろ!!」で大団円。全28曲、3時間10分。そして、1000人の大観衆。ゆるめるモ!にとって一つの集大成であり、しかし、新たな旅路へと向かう第一歩になったに違いない。

興奮気味のオーディエンスをメンバーたちが見送り、リキッドルーモ!号は地球へと帰還した。アイドル史に刻まれた奇跡の一つとして、この夜を目撃した人々は語り部となれる日は遠くないと確信するライウであった。

写真:ElNinoTheIdol(mel house)

セットリスト
1.ゆるトロ(slo-モ!)
2.Majiwaranai CAts
3.manual of 東京 girl 現代史
4.私と私と私と私と私と私と私と私と
5.あさだ
6.アーメン
7.おこしてしまった?
8.木曜アティチュード
9.虎よ
10.SWEET ESCAPE
11.リキッドルーモ!
12.ゆるゼロ
13.べぜ~る
14.ゆるめるモん
15.白玉ディスコ
16.場viewer
17.ぺけぺけ
18.生きろ!!
19.スキヤキ
20.Refresh your Jewellery box
21.DO FUFU
22.さよならばかちゃん
23.花のドイリー
24.OO(ラブ)
25.たびのしたく
26.なつ おん ぶる ー
<アンコール>
EC1.私の話、これでおしまい
EC2.逃げろ!!

関連リンク

ゆるめるモ!公式ページ「ゆるネット」http://ylmlm.net/
ゆるめるモ!SPACE SHOWER MUSICアーティストページhttp://music.spaceshower.net/artists/ylmlm

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP