ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「進撃の巨人展」展示内容の一部が判明!リアルサイズ超大型巨人や、声優による音声ガイドも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Attack on Titan Exhibition 進撃の巨人展

「進撃の巨人展」
©諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会

上野の森美術館で11月28日から始まる「進撃の巨人展」の展示内容の一部が、スペシャルサイトで公開となった。

漫画「進撃の巨人」の原画はもちろん造形や立体映像を展開し、物語の世界観や、巨人との戦闘で沸き立つスピード感を体感できる、総合展示となる同展。

会場では、1/1スケールで「超大型巨人」を立体造形化。映像、音声、振動を駆使したオープニングシアターの「上野、陥落の日」と共に、観覧者は巨人に遭遇した恐怖と絶望を体験できる内容を展開するという。

生原画の展示は、作者である諫山創氏の作品世界が生まれるプロセスにふれることができる内容になっており、特別書き下ろし画も公開。「進撃の巨人」の原画の展示は、同展が初となるという。

バーチャルで兵団の一員となり「立体機動装置」の浮遊感が体験できる「360°体感シアター“哮”」では、360°の3Dシアターによる最新の映像技術により、「進撃の巨人」の仮想現実空間を出現させる。

また会場では、アニメ版「進撃の巨人」の声優陣録り下しの音声ガイドを用意。出演は、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ、ハンジの5人の予定で、人気のキャラクターと一緒に展示を回遊するような感覚が味わえる、マニア必携のガイドとなるという。

チケットは全日日時指定制。11月28日〜11月30日の先行公開日のチケットは、8月9日からローソンチケットで先行抽選販売をスタートしており、一般販売は8月30日の10時から。

通常の会期は前期=12月1日〜12月31日、後期=1月1日〜1月25日に分かれており、チケットの一般販売開始は9月27日の10時から。前売りチケットの料金は一般・大学生=1,900円、中高生=1,400円、4歳〜小学生以下=900円。当日チケットは前売りチケットの100円増し。「360°体感シアター“哮”」と音声ガイドには別途料金がかかる。
Attack on Titan Exhibition 進撃の巨人展

「進撃の巨人」の世界観が体験できるさまざまな内容を展開
©諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会

▼リンク

「進撃の巨人展」

TVアニメ「進撃の巨人」公式サイト

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。