ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暴走老人 袋詰セルフサービスのスーパーで激怒し、店員涙目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢者が熱中症などで体調を崩さないかが心配されるこの猛暑。でも、周囲に迷惑をかける「暴走老人」は暑苦しいほどのパワーを発揮中だ。

 暴走老人に遭遇する確率の高い「3大スポット」といわれるのが、病院、スーパー、図書館だ。とくにスーパーでは「お客様は神様」を大上段に振りかざし、とんでもないクレームをつける老人の姿が。

「ホームセンターのレジで、70代後半とおぼしきおじいさんが、『なんて使えない女なんだ! 店長を呼べ!』と女性店員を怒鳴りつけていました」

 と目撃談を語るのは、静岡県在住のA子さん(53才・主婦)。その店では袋詰めは自分でやるシステムなのだが、おじいさんはレジの女性に袋詰めするよう要求。女性が「こちらでは袋詰めはしておりません」と答えたことに腹を立て、すごい剣幕で怒り始めたという。

「『毎週のように買いにきてやってるのに、なんなんだ、お前は』と女性店員をしつこくなじり続け、女性は涙をこらえて『すみません』と繰り返すばかり。あまりに横暴で腹が立ちました」(A子さん)

※女性セブン2014年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
電車で、病院で… 傍若無人な暴走トンデモ老人の被害者続出
京極夏彦の新作は72歳の理屈っぽいおじいさんが主人公
H本大量保管の祖父のため葬式で「棺の中にH本を」と僧侶

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。