ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

迷いが消えた評のDeNA中畑監督 王貞治氏の監督4年目に似る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ペナントレースも後半戦に突入し、優勝争いはもちろん、クライマックスシリーズ(以下、CS)進出へ向けての3位争いも見逃せない。セ・リーグは首位・巨人を筆頭に、阪神、広島、中日が熾烈な争いを続けている。加えて注目したいのが、後半戦に入ってから絶好調の横浜DeNAだ。スポーツライターが話す。

「3・4月は7勝18敗と大きく負け越したが、5月から7月は勝率5割以上を保っている。8月には8年ぶりに巨人戦の同一カード3タテも達成しました。ひとつの要因に、采配をふるう中畑清監督に決断力が出てきました。開幕の頃とは明らかに変わってきたのです」

 開幕投手には、オープン戦から絶不調だった2年目の三嶋一輝を起用。周囲も首を傾げたが、それだけ三嶋に懸ける期待は大きかった。だが、三嶋はわずか2回でノックアウトをくらう。以降も先発のチャンスをもらいながら、4試合連続でKOされ、一時防御率も2ケタまで跳ね上がった。メジャー帰りの尚成にも、8試合も先発のチャンスを与えたが、勝ち星には恵まれなかった。

 前出のスポーツライターが続ける。

「このように、序盤の中畑監督の選手起用は、こだわって失敗する面が見受けられました。いちばん難しいと言われる投手起用に関しても、中継ぎを長く引っ張り過ぎて打たれるシーンが昨季から何度もありました。

 しかし、最近になって投手起用に迷いがなくなった。9回に、抑えの三上朋也がピンチを迎えると、加賀繁や林昌範といった投手に交代させ、窮地をしのいでいる。今までの中畑監督であれば、続投させ、打たれていたでしょう。

 5月にソーサに代わって、抑えになった三上ですが、最近クセが読まれ始めたのか、失点する機会が増えていました。すると、抑えの地位を外し、今度は中継ぎで好投していた国吉を持ってきました。シーズン中に2度も抑えを変えることは珍しいですが、厳しい台所事情をプラスに変える決断力のなせるわざでしょう。

 中継ぎが投げる順番も、以前と比べれば、固定され始めた。無駄に引っ張るケースも減っており、ブルペンで待機する投手は自分の出番のタイミングが読みやすくなったはずです。これは、リリーフ陣にとって、いちばん大事なことと言えます」

 もともと、梶谷隆幸、筒香嘉智など若手野手を開眼させることには定評のある中畑監督。投手に目を向けても、2年目の井納翔一を鼓舞し続け、チーム4年ぶりとなる2ケタ勝利を挙げるまで育てた。

「王貞治監督も、巨人時代に角─サンチェ─鹿取という必勝リレーを見つけるまでは、投手交代で苦労し、散々叩かれ続けた。それが監督就任4年目にして黄金の必勝リレーにたどりつき、優勝を果たしました。そして、ダイエーの監督に就任後は、常勝軍団を築き上げました。

 野手出身監督の場合、最初は投手交代で悩みます。でも、監督だって成長する職業。中畑監督も、徐々に投手起用のタイミングのコツが掴めてきたはず。

 開幕直後の躓きは痛かったですが、それ以降のDeNAの堅調な戦いぶりは、中畑監督の采配が生み出しているといってもいいかもしれません」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
横浜DeNA 中畑監督と年齢の離れたコーチ編成も低迷の一因か
横浜最下位でも中畑監督続投論 今年の観客数は右肩上がり
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP