ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つらかったあの恋を忘れさせてくれる国

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジリジリ照りつける太陽! 体も心も開放的になる夏がはじまりましたね。
じつはこんな暑くて熱いHOTな時期に、私の知人が失恋をしてしまいました。彼女は嘆きます、「私だけ気分は氷点下…」。
学生のころとは違って、私たちは大人になりました。恋する気持ちは昔から変わらなくても、傷が癒えるのをただ家で泣いて待つだけなんて、もったいない。
世界40か国以上を旅した経験から、全国の悩める大人女子を救うべく「失恋デトックス旅」を提案します。

失恋の傷を癒してくれる国・カンボジア


失恋のときこそおすすめするのはズバリひとり旅。
それは、新しい出会いはもちろんのこと、誰かと一緒では見逃してしまう景色や、おもしろいアクシデントを楽しめるから。
たとえ言葉の通じない国でも心が通じたときは、失恋でなくしていた自信も取り戻せます。もしかしたらそこで新しい恋もはじまるかもしれない。
そんないいとこどりの失恋ひとり旅は、カンボジアに行ってみて!
カンボジアには、じつは失恋の傷を癒す要素がたくさんあるんですよ。

トゥクトゥクで風を感じて、失恋の心を解きほぐそう


いわゆる「発展途上国」と言われるカンボジア。
貧困や地雷の問題など、世界的なニュースで取り上げられるものは正直に言うとマイナスのイメージばかり。
でも行ってみると、緑と水がなんて豊かなんだろう! 人もフレンドリーで優しい! とびっくりしたことをいまでも鮮明に覚えています。初めは私も怖かった。でも行く前と行った後でイメージが一番変わった国でした。
↑タイ・カンボジアでおなじみの三輪車タクシー「トゥクトゥク」から。
ず~っと続いていく田園風景を、風に吹かれながら堪能してみよう。固くなった心が解きほぐれていくはず。

失恋なんかたいしたことない! 大きな木に包まれよう


カンボジアには大きなガジュマルの木がたくさん。その生命力の強さからなのか、ガジュマルには精霊や妖精が宿ると言われて、沖縄ではその精霊をキジムナーと呼ぶんだとか。
邪気を吸ってくれるとも言われるガジュマルの木。大きな根っこに包まれたら、失恋の悲しみも消えていくのがわかるはず。

↑アンコール遺跡群のひとつ「タ・プローム」。
樹齢300年以上のガジュマルの木に包まれた寺院が印象的。スケールの大きな木や遺跡で「失恋なんかたいしたことない」と必ず思えます。

ネガティブなココロを追い払って、ポジティブオーラをもらう


カンボジアには有名な世界遺産や遺跡がいっぱい。スケールの大きさはもちろんのこと、実際に行くとそこからあふれでるパワーを感じることができます。
霊感やスピリチュアルなものにまったく縁のない私も、その神秘的な空気を感じずにはいられませんでした。

↑カンボジアと言えばここ。定番の遺跡、アンコールワット。
↑世界遺産ベンメリア。アンコール遺跡群のひとつ。まさに「天空の城ラピュタ」のような世界。
↑世界遺産内で瞑想。時には自分と向き合うことも大事。

カンボジアがあなたの恋路を導いてくれる


何も考えずに、緑と水が豊かな町をまるで風のように走って、300年以上生きている大きな木に身を包まれ癒されて、スケールの大きなパワースポットでエネルギーチャージできたあなたは、また新しい自分に生まれ変わります。
そうやってさらに魅力をつけたあなたは、日本に帰ってきたとき、新しい出会いやリベンジのチャンスが待っているでしょう。
本当かって? それはカンボジアに行ってみたらきっとわかるはず!


(グリッティ)記事関連リンク
別世界のような教会…涙が出るほど美しいパワースポット
女の子の欲求を満たしてくれる♡ 地中海の小さな島
地中海の絶景を堪能♡ スペイン気分を味わえるとっておきスポット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP