ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忌野清志郎ラスト・アルバム『夢助』が2LP完全生産限定豪華盤で発売―たまらんニュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本のラスト・ソウルマン、忌野清志郎が2006年10月4日に発表した最後のオリジナル・アルバム『夢助』のスーパー・デラックス・エディションの発売が決定した。

清志郎のアイドル、オーティス・レディング他のバックを務めたBooker T& the MG’sのギタリスト、スティーブ・クロッパーがプロデュースを手掛け、ナッシュビルで録音された『夢助』。忌野清志郎最後のスタジオ録音アルバムとして今も愛聴されている作品だ。チャボとの最後の共作であり、清志郎亡き後、キムタク&さんま&チャボが共演した際にキムタクが歌った「毎日がブランニューデイ」、“RCサクセションが聴こえる”という歌詞が話題となった「激しい雨」、名曲「THIS TIME」、作詞・忌野清志郎、 作曲・細野晴臣の「あいつの口笛」などが収録されている。

今回発売されるスーパー・デラックス・エディションには、『夢助』ナッシュビル・レコーディング時の未公開映像をふんだんに使った新編集ドキュメンタリー映像を収録したDVDも付属。更に、本人直筆歌詞、未公開写真、レコーディング当時壁に貼ってあったレコーディング・スケジュールを含むブックレットもついてくる。スティーブ・クロッパーの寄稿というのも見逃せないポイントだ。

CDで発売された清志郎の音源のアナログLP化は、かつて本人の強い希望でもあった。オリジナル発売時にLPで発売されたものを除いて、新たにLP化されるのは今回が初めてのこと。今後も同様のアナログLP化が実現するならば、是非名盤『KING』『GOD』を取り上げてほしいものである。『夢助』スーパー・デラックス・エディション発売は10月22日。(岡本貴之)

・ユニバーサルミュージック 忌野清志郎

http://www.universal-music.co.jp/imawano-kiyoshiro/

・地味変

http://www.kiyoshiro.co.jp/

忌野清志郎『夢助』

発売日:2014年10月22日

価格:9,167+税

品番:UPJY-9012

仕様:2LP+SHM-CD+DVD

初回生産限定

内容

・2LP…『夢助』2014最新リマスタリング音源

・1 SHM-CD…『夢助』2014最新リマスタリング音源

・1DVD…初公開映像をふんだんに含んだナッシュビル・レコーディング・ドキュメント新編集映像

・LPサイズブックレット…オリジナル写真+未発表写真。寄稿:スティーブ・クロッパー、平山雄一

【SHM-CD】2014年デジタル・リマスター

01.誇り高く生きよう LET’S LIVE WITH PRIDE

02.ダンスミュージック☆あいつ DANCE MUSIC☆THAT GIRL

03.激しい雨 POURING RAIN

04.花びら FLOWER PETAL

05.涙のプリンセス PRINCESS OF TEARS

06.残り香 THE SCENT OF YOU

07.雨の降る日 ON A RAINY DAY

08. THIS TIME

09.温故知新 LEARNING FROM THE PAST

10.毎日がブランニューデイ EVERY DAY IS A BRAND NEW DAY

11.オーティスが教えてくれた OTIS TAUGHT ME

12.NIGHT AND DAY

13.ダイアモンドが呼んでいる THE DIAMOND IS CALLING

14.あいつの口笛 HIS WHISTLE

【2LP】2014年デジタル・リマスター

SIDE A

01.誇り高く生きよう LET’S LIVE WITH PRIDE

02.ダンスミュージック☆あいつ DANCE MUSIC☆THAT GIRL

03.激しい雨 POURING RAIN

SIDE B

01.花びら FLOWER PETAL

02.涙のプリンセス PRINCESS OF TEARS

03.残り香 THE SCENT OF YOU

SIDE C

01.雨の降る日 ON A RAINY DAY

02. THIS TIME

03.温故知新 LEARNING FROM THE PAST

04.毎日がブランニューデイ EVERY DAY IS A BRAND NEW DAY

SIDE D

01.オーティスが教えてくれた OTIS TAUGHT ME

02.NIGHT AND DAY

03.ダイアモンドが呼んでいる THE DIAMOND IS CALLING

04.あいつの口笛 HIS WHISTLE

※LP収録曲順は変更になる可能性有り。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP