ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本で一番美味しい醤油ラーメン「北大塚ラーメン」でスムーズに食べる11個の豆知識

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京都豊島区のJR大塚駅から徒歩1分の場所に、日本屈指の激美味ラーメン屋がある。「モンゴル出身のご夫婦が作るおそらく東京で一番美味しい醤油ラーメン」として評判の『北大塚ラーメン』だ。

スープ、麺、メンマ、煮卵、チャーシュー、その全てがパーフェクト。その同調率は素晴らしく、完璧なる相乗効果で一杯のラーメンを編んでいる。これから食べに行く人のために、北大塚ラーメンでスムーズに食べる方法&豆知識を11個まとめてみた。

【北大塚ラーメンでスムーズに食べる方法&豆知識11】

・午前10時50分に行くのがベスト

行列が出来る人気店だが、早く並びすぎても辛い。夏は猛暑だし、冬は極寒だ。10時50分くらいに並べば、ファーストロット(最初の客グループ)に入れる。入れなかったとしても10~20分位待つだけで席につける。この記事を読んだ人が午前10時50分に押し寄せる可能性があるので、やや早めても良い。

・正午以降は40~60分程並んで待つ日もある

正午以降に並ぶのは得策ではない。30分で入れれば良い方。場合によっては1時間待つ事もある。正午までに並べなかったら別の日の午前10時50分を狙って並ぼう。夜の部に並べば良い? いや、それはあまりお薦めしない。その理由は以下で話そう。

・チャーシューメンは1日限定50食

北大塚ラーメンの名物は、麺が見えないくらいチャーシューが盛られたチャーシューメン。それを求めてくる客は多く、すぐに売り切れてしまう。それもそのはず、1日限定50食なのだ。あくまで1日50食なので、夜の部にチャーシューメンが残る事はない。だいたい正午過ぎには売り切れてしまう。

・ランチタイムはライスが無料

ランチタイムは無料でライスがついてくる。注文時にライスをお願いすれば、ラーメンと一緒にライスが出てくる。チャーシューをご飯にのせ、ニンニクを混ぜたスープをかけてチャーシュー丼を作るお客さんも多い。ご飯が売りきれる事もあるので、その場合はアンラッキーだと思って諦めよう。

・食券の「並」「中」「半」の意味

食券に書かれている「並」と「中」は麺の量で、どちらを注文しても価格は同じ。大盛りにしたいときは別料金で大盛りの食券を150円で買う。「半」は激辛の辛さの度合いを意味し、辛すぎないようにしたい場合は食券を渡すときに「半で」と言えばよい。辛くしてほしい時は「激辛で」と言う。どちらにしても価格は同じ。

・忙しいと店員が3人になる

基本的にモンゴル出身のご夫婦がラーメンを作っているが、忙しい時は若者が手伝ってくれる。2階にも席があるので、そこにラーメンを運ぶ役割をしている。北大塚ラーメンの店員は全員優しくて気持ちの良い接客をしてくれる。

・脂多めをリクエスト可能

あまり知られていないが、注文時に脂多めをリクエストする事が出来る。北大塚ラーメンのスープは鋭い醤油風味をしているが、脂が増す事によって出汁のきいた「こく」が生まれる。美味しさが増すので、常連客の多くが脂多めを注文している。

・麺かためをリクエスト可能

かための麺にしてもらう事が出来る。しかし、北大塚ラーメンの麺は普通の方がスープを取り入れて美味しさが増すため、あまりお薦めできない。しかし、食べるのが遅い人や、強いこしを感じたい人はかためにしてもらうのもありだ。

・常連は激辛チャーシューメンを注文

北大塚ラーメンにハマった人は、次の様な順番で食べる。チャーシューメン → 激辛チャーシューメン → チャーシューメン脂多め → 激辛チャーシューメン。結局は、激辛チャーシューメンの美味しさに惚れ込み、そればかりを食べる事になってしまう。だがそれでいい。北大塚ラーメンの常連の中では一番人気がそれなのだ。

・丼に入れる謎のエキスが味の決め手

北大塚ラーメンの美味しさの神髄は、丼に最初に入れる謎のエキスだと言われている。容器から少しだけピュッと入れ、そこにスープと麺を入れていく。中身は何なのか? 企業秘密だ。

・臨時休業に注意

北大塚ラーメンは日曜日が定休日だが、臨時休業をする場合がある。いつ休むのか常連客のTwitterの書き込み等で調べてからお店に行こう。例えば、2014年のお盆は8月12~16日まで休む。臨時休業明けの17日は日曜日(定休日)なので、営業再開は18日からとなる。

北大塚ラーメン

東京都豊島区北大塚1-14-1

11:00~14:30 17:30~23:00

日曜日定休日

ラーメン600円 チャーシューメン800円

By Nyanta

詳細: GoTrip http://gotrip.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。