体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

葉加瀬太郎のアナ雪エルサも登場、情熱大陸フェス東京公演・ライブレポート

葉加瀬太郎のアナ雪エルサも登場、情熱大陸フェス東京公演・ライブレポート

今年で13年目を迎える真夏のJ-POPの祭典、情熱大陸フェスの東京公演が8月9日に夢の島公園陸上競技場で開催された。

この日の東京は台風11号の接近もあってあいにくの曇天。そんな天気に活を入れるように、イベント・オーガナイザーの葉加瀬太郎がステージに表れ開会宣言の乾杯。

そしてオープニングに登場したのはSing Like Talkingの3人。メンバーの佐藤竹善はソロやバンド名義を含めると12回目の参加となる最多出場レコード・ホルダー。ゆるやかに進行しながらも客席をあたためていくステージングは円熟の極み。また、盟友である葉加瀬はヴァイオリン演奏だけにとどまらずSLTの代表曲のひとつでもある「Spirit Of Love」では、キーボードを弾き語る佐藤竹善の後ろで美しいコーラスハーモニーを披露。

続いても情熱大陸フェスの常連メンバーで11年連続出場となる押尾コータロー。葉加瀬にチェリストの柏木広樹を加え3人で大人のインストゥルメンタル音楽をじっくり聴かせる。

サブステージとなるJOUNETSU STAGEのトップを飾ったのは初参加の上間綾乃。先月リリースされた最新アルバム「はじめての海」の収録曲を次々に歌う。「私のルーツミュージックである沖縄民謡歌います!みなさん、お尻がムズムズして立ちたくなりますよ!」の宣言通り、三線片手に「豊年音頭~唐船ドーイ」を歌うと、場内は一転としてウチナー・モードに。

上間の元気いっぱいのステージは、続いてのmiwaにそのまま受け継がれる。ギブソン・J-45をかき鳴らしながら元気全開でお馴染みのヒット曲を惜しげも無く披露。中盤にはエレキギターに持ち替え、丁寧にリズムを刻みながら「ヒカリヘ」を歌い、ラストは葉加瀬のヴァイオリンが絶妙に絡むバラード・ナンバーをハンドマイクで広い会場に向けて朗々と歌い切った。

カサリンチュはJOUNETSU STAGEからヒューマン・ビートボックスで会場を盛り上げる。「奄美の人口より、この会場に集まった人の方が多いです!」のアナウンスで場内を爆笑の渦に包んでオーディエンスのハートを掴んだ後のコール&レスポンスは圧巻。

初参加のクリス・ハートは大観衆を前にちょっと緊張してるよう。「この近くの門前仲町に住んでました。サラリーマン時代には豊洲に自動販売機も置きました!」と会場(夢の島)近くの超ローカル・トークで場内を和ませカバー曲やオリジナル曲を歌う。オフコースのカバー曲「生まれ来る子供たちのために」では、葉加瀬と佐藤竹善が参加しクリスを盛り立てる。続いての映画アラジンのテーマ曲「A Whole New World」ではMay J.がデュエットで入り、さらに葉加瀬のヴァイオリンが加わって三位一体となるコラボレーションを披露。これぞ究極のオトナのエンターテイメント!会場内も水を打ったように静かになり2人の歌を聴き入る。

ステージはそのままMay J.のコーナーとなり、1曲目のTHE BOOMの「風になりたい」からオーディエンスは総立ちとなる。「私の人生を変えてくれた曲です!」とイントロが奏でられると怒号のような歓声が巻き起こる。ステージ下手からは金髪のカツラにブルーのドレスを着てアナと雪の女王のエルサに扮した葉加瀬太郎が登場。これには場内も大爆笑。エルサ(?!)とMay J.による英語ヴァージョンの「Let it Go」は、この日のハイライトとも呼べる1曲だった。

「エルサの後はやりづらいです…」と現れた2人組ユニット、DEPAPEPEは清涼剤のような音楽を奏で会場をリラックスさせる。「僕らの大好きなアニキを呼びます!」とステージに招かれたのは押尾コータロー。DEPAPEPEならぬ新ユニットDEPAPEKO(?!)として3人で「ONE」を演奏しコーナーを締めた。

ステージは再びメインステージであるBONANZA STAGEに。鮮やかなピンクのジャケットに身を包んだゴスペラーズ、1曲目にお馴染みの大ヒット曲「ひとり」を、なんと5人だけのアカペラで歌う。続いても、大ヒット曲「誓い」を歌って、美しすぎるハーモニーで会場を酔わせる。3曲目には9月17日にリリースされる新アルバム「The Gospellers Now」に収録の新曲「HIT ME」を早くも披露。どこか懐かしさすら漂うスウィンギング・ロックンロールなナンバーで会場を沸かせ、最新シングル2曲を続けて歌い30分のパフォーマンスを終える。

BONANZA STAGEには続いて玉置浩二が登場。ここで小康を保っていた天気が荒れ出す。玉置は激しい雨の中、ギター1本でステージに立ちバラードナンバーをじっくりと歌う。3曲目に披露したのは、なんと「男はつらいよ」の主題歌。あの寅さんだ。なんでも自分の中での最近のテーマだそうで、この意外過ぎる選曲に観客も戸惑うが、続いての押尾コータローとのコラボレーション「サーチライト」で一安心。ラストは大ヒット曲「田園」で締めた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy