ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尻に鉛筆を刺すと「ミャー」と敏感に反応する猫

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 インターネットでちょっと変わった鉛筆削りを発見しました。イギリスに本社を構えるスラム・デザイン社の商品で「Sharp-end」というもの。同社ではおもわずプッと笑いたくなるアイテムを数多く手がけています。

 「Sharp-end」のデザインは猫と犬の二種類あり、お尻にプスッと鉛筆をさして、ゴリゴリ削って使います。お尻に刺すとセンサーが反応して猫なら「ニャーニャー」犬なら「ワンワン」と反応をする機能も搭載……。思わず鉛筆を削るのをためらってしまいそうになりますが、価格は1個だいたい1,500円ほどでAmazon他で販売されていますよ。

【関連:草不可避!セクシー過ぎる男性下着が話題】


カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP