ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セキュアOSを搭載したBlackphoneが早くもroot化される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイス企業が 7 月に発売した、セキュリティの高さを売りにした Android スマートフォン「Blackphone」が期待とは裏腹に、わずか 5 分の短時間で root 化できたと伝えられています。Blackphone は、暗号化通信を手がける Silent Circle の社長 Phil Zimmermann 氏と端末メーカー Geeksphone の CEO Javier Agüera 氏によって設立されたスマートフォンブランドです。Blackphone にはセキュリティを第一に考えたモバイル OS 「PrivatOS」が搭載されています。この OS は特にプライバシー情報の漏えい防止とデバイスコントロール機能を特徴としており、ビジネスユースにも適していると言われています。この Blackphone を Android 界で“JCase”として知られるハッカー Justin Case 氏が入手してすぐに root 化しました。彼はターミナルで root ユーザーになっているところを撮影した写真も公開しています。セキュリティに特化したOSなので root 化されにくいだろうと期待されていたのですが、こんなにも早く root 化されるとは意外です。しかも、彼にとって Blackphone を root 化することは容易らしく、“もしセキュアな Android が欲しいなら Sony、Motorola、Samsung の製品がいいよ”と言って Blackphone を詰っています。ソフトウェアにはバグがつきものなので、root 化されることはある意味仕方のないことなのですが、少なくとも他社製品よりもハックしにくい製品にすべきです。しかし、Blackphone の提供元も対応が早く、JCase 氏によると、root 化に利用したバグは即座に OTA アップデートで修正されたそうです。Source : Twitter(JCase)


(juggly.cn)記事関連リンク
Acer、$279のTegra K1搭載Chromebook「Acer Chromebook 13(CB5-311-T7NN)」を発表
気が利く目覚まし : 雨や電車の遅延でアラーム時刻を自動的に少し早めてくれる気の利いた目覚ましアプリ
Galaxy Alphaの新たな写真が流出。今週中に発表されるとも伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP