ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エレクトロミュージックメディアResident Adovisor、ファン同士のためのチケット再販サービス開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

エレクトロニック・ミュージック・ニュースサイトResident Adovisorがファン同士のためのチケット再販サービスを開始

多くの音楽ファンに人気のエレクトロニック・ミュージック・ニュースサイトResident Advisorが、人気のチケットをフェースバリュー(額面価格)で販売・購入ができるチケット再販サービスを自社サイトで開始しました。

RAのチケット再販サービスは、エレクトロニック・ミュージックの世界では初めての試みになります。仲介業者を通すことなく音楽ファン同士が行けなくなったイベントのチケットを販売したり、買えなかったイベントのチケットを誰かから購入することが可能になります。このサービスを通じてRAは不当なチケットの流通を撲滅し、人気のイベントにおけるダフ屋行を阻止することを目指します。RAはこれまでもサイト上でイベントのチケット販売を行ってきました。

イベントプロモーターにとっても正規のチケットの再販が増えることはイベントへの動員が期待できるだけでなく、ダフ屋が違法チケット販売で利益を上げることを防ぐことにもつながり、さらにはイベントの運営(行列やチケットのチェック)を効果的かつスムーズに行うことが期待できます。

手順は以下の通り。

1. 購入後に必要なくなったチケットをRAの再販プールに登録します。

2. イベントがソールドアウトになれば、再販が開始になります。チケットの購入は先約順になります。

3. 再販が完了すれば、チケット再販者に通知が届き、チケット代が額面価格で返金されます(ブッキンフィーを除く)。

4. チケット購入者にチケットが届けられます。

これは小さい取り組みかもしれませんが、ダフ屋やオークションサイトでの高額なチケット再販など音楽シーンにネガティブなイメージを残す行為を少しでも減らすキッカケになっていってくれればいいですね。

■記事元http://jaykogami.com/2014/08/8721.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP