ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“使い方はその日の気分次第”なデザイン・ファニチャー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北欧のモダン・デザイン史に名を残す、名建築家・家具デザイナーのVerner Panton(ヴェルナー・パントン)。

“ミッドセンチュリー・デザインの象徴”と評される、彼の代表作「パントンチェア」をはじめ、家具やランプ、テキスタイルなど、ジャンルに捕らわれない幅広いカテゴリーからデザインを生み出し、現在も生産が続けられているものも多い。

今回は、そんなパントン氏の作品の中でも人気のレプリカ・アイテムをご紹介。

近未来的デザインでありながら、どこか懐かしのSF映画を彷彿とさせる、段違いのリクライニング・チェアー「リビング・タワー」は、パントン氏が1969年に手掛けたシグネチャー・デザインのひとつ。

リビングやオフィスのスペースにひとつ加えるだけで、空間が有機的で生き生きとしたものへと変化する。

土台には頑丈なバーチ合板を使用しているため、実用的な家具として、座ったり寝転んだりしても大丈夫。

このチェアーのおもしろいところは、腰掛ける位置やどこを背にするかによって、ガラリと景色が変わる点。実際に寝転んでみると、その居心地の良さから、どこか守られているような安心感を覚えるという人もいるようだ。

ファブリックはポリウレタンとウールを使用しており、サイズは、幅198cm×奥行き66cm×高さ200cmと存在感抜群。

Fancyでの販売価格は1万6125ドル(日本円で約164万1000円)と高額だが、ミッドセンチュリー・デザインのファンや、他とかぶらないデザイン家具を探している人にはおすすめかも。

Fancy(Verner Panton Living Tower by Vitra)
http://fancy.com/things/92717169153935191/Verner-Panton-Living-Tower-by-Vitra

The post “使い方はその日の気分次第”なデザイン・ファニチャー appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP