ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「家事ハラ」で多い台所の洗い物「邪魔だけはしないで」など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「お皿洗い、ありがとう。一応、もう一度洗っとくね」
「あなたが(服を)たたむと、ヘンな跡がつくの」

 自分の仕事を全否定され、夫の表情が凍りつくところで映像は終わる──そんなヘーベルハウスの「家事ハラCM」が話題となっている。

 そこで本誌は30代から70代まで、各世代約100人ずつ、合計約500人の既婚男女を対象に緊急アンケートを実施。すると、確かにCMのような現実があることがわかった一方、そうした典型にはまらない複雑な問題と感情が浮かび上がった。

 本誌アンケートでは約8割の男性が自分が担当している家事(週に数回以上関わる)があると答えた。なかでも一番多いのが「洗い物」。当然、ぶつかり合うことも多い。

「夕食後に妻が好きな俳優のドラマを見始めたので私が洗っておこうと片付け始めた。お礼も言わず画面に釘付けだった妻は、私が皿を重ねた瞬間、『あ、お皿の裏にも油ついちゃうから、重ねないで』。

 言い返すのも面倒なので、食器を両手に一枚ずつ何度も往復して流しへ運ぶ。こっちの方がはるかに手間だ。洗い終わってテーブルへ戻ると妻は入れ違いに台所へ。

 そのとき、私に向かってこう言うんです。『あ、やっぱりね。お皿洗ったらさ、レンジも拭いてシンクも洗おう、あ、もちろん洗い桶も。最後までやってようやくお片付けなのよ』と。やらない方がマシとでもいうのか……」(52歳・会社員)

 洗い物をめぐる「家事ハラ」被害を訴える夫は多い。

「油物用のスポンジで全部洗ってしまったのはこちらが悪かった。でもそのときに『あなたって、なにやってもそうなのね』と、洗い物以外の愚痴が延々と続くんです。『家のお花を替えても気づかないし……』とかね。ついには『よくそれで仕事ができてたわね』。この一言は許せなかった」(61歳・元会社員)

「『なに怒ってるの? どうせやってくれるなら気持ちよくやってくれないかなァ』と突然言われた。どうもガチャガチャと音がうるさく、当てつけのように見えるという。

 しまいには『グラスも割れちゃうし……私が後でやるからもういい』と嫁が怒り出した。そりゃ最初からうまくできるはずがないだろう。普通に『グラスが割れちゃうからもう少し丁寧にやってね』くらい言えないものかねェ」(44歳・会社員)

 食器洗いで一番多い「家事ハラ」は、「洗い直しを命じられた」というもの。

「お茶碗やお鍋の中だけ洗って周りや裏はほったらかし」「すすぎが足りない」という妻側の指摘が多い。

 中には「夫が洗い物をすると水しぶきがそこら中に。かえって床掃除など手間」「水遊びじゃないんだから」という辛辣な言葉も。最近は便利な食洗機を使用している家庭も多いが、そこでも「家事ハラ」が起きる。

「置き方が悪いから汚れが落ちない」「そんなのもセットできないの」は序の口。「深夜帰宅したら食洗機が開けっ放しだったので閉めておいた。翌朝、『湿気対策で開けておいたのに……手伝ってくれなくていいから、家事の邪魔だけはしないで』と叱られた」(会社員・30歳)

※週刊ポスト2014年8月15・22日号

【関連記事】
「家事ハラ」500人調査実施 1位=食器洗い、2位=洗濯物干し
ヘーベルハウス「家事ハラCM」が話題 批判の声で波紋広がる
妻の「家事ハラスメント」に直面した夫が株上げるための心得

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。