ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

超デカい『Happyプッチンプリン』を食べてみよう

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

当編集部がイチバン美味しいと思っているプリンは、高級レストランのプリンでもなければ、スイーツ(笑)な女性たちが集まるケーキ屋でもなく、グリコ『プッチンプリン』だと確信している。あの濃厚でいてクリーミィーな味のプリンは、他社やケーキ屋が簡単にまねできるものではなく、生地、カラメル、デザイン、すべての点において素晴らしい組み合わせの味なのだ。

そんな『プッチンプリン』には、ミニサイズの『プッチンプリン』、通常の『プッチンプリン』、ちょっと大きい『Bigプッチンプリン』、開発者がヤケになって作ったと思われる『Happyプッチンプリン』の4種類がある。なかでも『Happyプッチンプリン』はレア商品で、全国で売られてはいるが、いつどこで、どれくらいの数が売られるのかまったく不明なのである。

いつも売っていない『Happyプッチンプリン』。それはグリコの作戦で、消費者のクチコミを期待しての商品なのだ。なかなか見つからなければみんな探すだろうし、みんな食べたいと思ってしまう。価格的にはスーパーで購入すると290円ほどで、見つけたらハッピー! と思い、高くてもついつい買ってしまう。

<各スペック>
品名 : プッチンプリン/ ビッグ/ ハッピー
容量 : 105g / 170g / 400g
エネルギー : 145Kcal / 236Kcal / 568Kcal
たんぱく質 : 1.8g / 2.9g / 7.2g
脂質 : 7.4g / 12.1g / 26.8g
炭水化物 : 17.9g / 28.9g / 74g
ナトリウム : 86mg / 139mg / 352mg

お味は……ンマーイ! 確かに、『プッチンプリン』をおなかいっぱい食べたいと思っても、『Bigプッチンプリン』では少ないと感じていたのが正直なところだ。ということで! このゲリラ的に売られる『Happyプッチンプリン』をみんなも買って、プリン体や糖質、血糖値などを気にしつつ、味わってみよう! ちなみに、現在は東京で売られているのが確認されている(このニュースの元記事はこちら)!
 
 
こんなグルメの記事もあります
【楽しい実験】どっちのコーラが太るんだい?【新企画】
タモリ流の “豚生姜焼き” が美味しいと評判に
自動販売機のボタンに隠しコマンド! 120円でジュースを2本取り出せる?
【ポケモンセンターに聞きました】ポケモンの肉は食べられるのか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。