ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『HERO』 久利生公平が通販好きという設定は木村拓哉考案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 学歴は中卒、スーツは一切着ない検事・久利生公平(くりゅうこうへい)の活躍をコメディータッチで描く『HERO』(フジテレビ系、毎週月曜21時~)。前作放送当時はすべての回で視聴率30%超えという快挙を達成、13年経った今もその勢いは衰えておらず、他のドラマが軒並み視聴率低迷に苦しむなかで、好調をキープしている。

 この『HERO』の魅力について、テレビ・ドラマ評論家の木村隆志氏はこう解説する。

「『HERO』が新しいのは、月9の主人公に検事を持ってきたところ。しかも、検事が絶対に着なそうな服装で捜査をしたり、通販オタクだったりという“真逆の設定”が面白かった。そして前作ではダウンジャケット、今作ではポロシャツやTシャツに変化した久利生のファッションを見て楽しむ面白さも。前作と今作で、検事バッジの持ち方がポケットからネックレスに変わっているという変化も見どころのひとつです」

 通販好きという設定も、検事バッジを首から下げるのも木村本人のアイディアだとか。だらしないと見せかけて仕事に向き合う姿勢はまじめな久利生。時々口にする名言に胸キュンする人も多いのでは?

 久利生たち行きつけのバー『St. George’s Tavern』。久利生が「餃子クレープ」を考案しても「あるよ」、風邪を引いた時は卵酒が「あるよ」というマスターの「あるよ」ネタは今作も健在。

「今作は特にハンカチが秀逸でしたね。馬場検事が感傷に浸って涙を流したときに、すぅっと差し出したハンカチ。面白いものを頼んでそれがあるという方向ではなく、いい意味で裏切って、ほろりと泣けるシーンに持っていきました」(木村隆志さん)

※女性セブン2014年8月21・28日号

【関連記事】
木村拓哉がHERO関係者とLINEを開始 シャアスタンプが好き
木村拓哉主演の月9 視聴率以外に通販紹介のミッションあり
フジの月9「HERO」 高視聴率はキムタク1人の功績ではない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP