ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Archos、€99でクアッドコアCPUを搭載した低価格スマートフォン「Archos 50 Neon」を欧州で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスの端末メーカー Archos が、€99( 約 13,500 円 )でクアッドコア CPU を搭載した低価格スマートフォン「 Archos 50 Neon 」を欧州で発売しました。Archos 50 Neon は、5インチ FWVGA 解像度の IPS 液晶ディスプレイ、MediaTek MT6582 1.3GHz クアッドコアプロセッサ、Android 4.2.2(Jelly Bean)を搭載した大型のエントリーモデル。SIM カード2枚を利用できるデュアル SIM モデル(Mini SIM × 2)で、Google Play にも対応しています。メモリは 512 MB RAM と 4GB ROM(Micro SD 対応)。背面にフル HD 動画の撮影も可能な 500 万画素カメラ、前面に 30 万画素カメラ、2,000mAh バッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM / GPRS / EDGE、WCDMA / HSPA+(21Mbps)に対応しています。筐体サイズは145mm x 72.7mm x 9.2mm、質量は170g。

Archos 50 Neon にはブラック、イエロー、ブルーのバックカバーが付属しているそうです。Source : Archos


(juggly.cn)記事関連リンク
セキュアOSを搭載したBlackphoneが早くもroot化される
夏の甲子園 本大会が開幕。朝日放送のAndroidアプリ「高校野球ライブ中継アプリ」でのライブ中継を配信開始
東芝、1回の充電で2週間は使えるリストバンド型活動量計「WERAM1100」を発表、本日より予約受付を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。