ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OBLIVION DUST、ツアーファイナルを開催&再結成後初のライヴDVDを11月にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

OBLIVION DUSTが8月9日、東京・TSUTAYA O-EASTで全国5ヵ所を回った『OBLIVION DUST “Elements Tour" 2014 Fire』のツアーファイナルを開催した。
8月9日@ TSUTAYA O-EAST (okmusic UP's)

同ツアーはこれまで大阪、名古屋、仙台、福岡で開催。会場ごとに「Earth」「Water」「Wood」「Metal」というサブタイトルが付けられ各会場まったく違ったセットリストで、毎夜熱いライヴが繰り広げられた、この“Elements Tour”。ツアーファイナルとなった東京公演は「Fire」と言うサブタイトルで行われた。

ファイナルとなったこの日は、「Microchipped」でスタート。序盤からヘヴィーなサウンドで一気に加速。ボーカルのKENは「Come On!」とフロアを煽り、オーディエンスのテンションを引っ張りあげていく。時にシャウトで高揚し、時に柔らかい肌触りを持ってフロアを包み込むKENのボーカル、キレのあるリフと感情豊かなメロディで変幻自在に音を紡いでいくK.A.Zのギター、強力なビートでサウンドを支えながら、跳ねまわるリズムでフロアを躍らせるRIKIJI。幾重にも重なり強固な塊となったサウンドでありながら、すべての音の輪郭がくっきりと耳に届くのは、OBLIVION DUSTの強みだろう。

中盤は激しくも切ないメロディやリフを備えた楽曲が並び、終盤では「Designer Fetus」「Haze」とライヴでは定番の曲が並ぶ。そして、続く「Radio Song」で興奮は一気に爆発した。最後のMCで、12月のクアトロ・ツアーが決定したことを発表すると、フロアは一気に歓喜の声で沸き、ラストの「Sink The God」まで、サブタイトである“Fire”の名に相応しく、まさに完全燃焼のライブであった。

11月26日には、2007年再結成後初となるライヴDVDの発売が決定。6年分のライヴ映像と、このDVDのために撮影された秘蔵映像を収録。集大成であり、初心者には入門編とも言える、OBLIVION DUSTの“現在”がリアルに収められたこの作品。今回のツアーは終了したが、ライヴDVDのリリース、さらに12月22日(月)からはクアトロツアーの開催が決定しており、今後の活動にも目が離せない。

【セットリスト】
01. Microchipped

02. Never Ending

03. Therapy

04. Ghost That Bleeds

05. Bed Of Roses

06. Which Half Do You Own?

07. All I Need

08. S.O.S

09. Remains

10. Gateway

11. Selfish

12. Sail Away

13. Designer Fetus

14. Haze

15. Radio Song

16. You

17. 24 Hour Buzz

18. Sink The God

「OBLIVION DUST QUATTRO TOUR」
12月22日(月) 名古屋 NAGOYA CLUB QUATTRO

12月28日(日) 東京 SHIBUYA CLUB QUATTRO

12月29日(月) 広島 HIROSHIMA CLUB QUATTRO

12月30日(火) 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO

ライヴDVD「タイトル未定」
2014年11月26日(水)発売

¥5,000(税込)

8月9日@ TSUTAYA O-EAST (okmusic UP's)

8月9日@ TSUTAYA O-EAST (okmusic UP's)

8月9日@ TSUTAYA O-EAST (okmusic UP's)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
OBLIVION DUST オフィシャルHP
VAMPS、大好評を受けてロンドン公演が再度決定!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。