ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名盤が一挙に登場!「ジャズの100枚。」を10月8日より限定発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2017年に誕生から100年を迎えるという、ジャズ・レコード。ユニバーサル ミュージックは、歴史を代表する名盤を「ジャズの100枚。」として、1作品1000円(税抜)で10月8日より限定発売する。

ブルーノート、プレスティッジ、リヴァーサイド、ヴァーヴ、ECMなどユニバーサルが権利を有する名門ジャズ・レーベルが総参加するこのキャンペーン。2017年のジャズ・レコード100周年に向けたカウントダウン企画となっている。

今回発売する作品は、その多くが半世紀前の1950~60年代に録音されたアルバム。ジャズ発祥の地アメリカでも、近年ジャズ名盤の再発アナログLPが若い世代を中心にブームとなっており、改めてジャズへの注目が集まっている。

収録曲は、誰もが一度は耳にしたことがありそうな、TVや映画で使用されたナンバーも多数。その一部をご紹介すると、「ワルツ・フォー・デビイ」(日産「ティアナ」CM曲)、「ザ・ケルン・コンサート」(パナソニック・テレビ「プラズマタウ」CM曲)、「モーニン」(NHKテレビ「美の壺」テーマ曲)、「この素晴らしき世界」(映画『グッド モーニング,ベトナム』)など。

シリーズのキャラクター・デザインには、「新潮文庫の100冊」のキャラクター、パンダのYonda?君などで知られるイラストレーター・チーム100%ORANGEを起用。商品の帯にキャラクターを大きくあしらい、「ジャズ=お堅い」イメージを払拭した「ジャズボーヤ」も登場している。

この機会に、ジャズの世界に触れてみてはいかが。「ジャズの100枚。」公式サイトはこちら(http://www.universal-music.co.jp/jazz100)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP