ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

avexアイドル部門「オープン化」 大物移籍の可能性は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 エイベックスグループのアイドル専門レーベル「iDOL Street」(アイドルストリート)が、“オープン化”することとなった。これによって、外部のアイドルグループが、「iDOL Street」に移籍することができるようになる。

 2010年にエイベッスグループ初のアイドル専門レーベルとして発足した「iDOL Street」。昨年日本武道館公演を成功させたSUPER☆GiRLS(以下、スパガ)を筆頭に、Cheeky Parade、GEMという3グループが所属。さらに、その下部組織として、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡を拠点として活動するデビュー候補生「ストリート生」がレッスンに励んでいる。

 今回のレーベルのオープン化は、すでに活動中のアイドルグループを「iDOL Street」のファミリーに迎え入れ、レーベル全体を拡大していこうという試みだ。「iDOL Street」のファミリーに参加すると、エイベックスグループのインフラを活用できるようになるとのことで、たとえば、「iDOL Street」主催のイベントへの参加、CDやグッズの販売・流通の委託、エイベックスのマネージメント部門「エイベックス・ヴァンガード」との専属実演家契約などといった“特典”があるという。

 そういう意味では、地方で活動しているローカルアイドルや、主にライブハウスなどで活動しているインディーズアイドルにとっては、「iDOL Street」のファミリーになることは、全国区でのブレイクを狙うための大きなチャンスになりそうだ。

 それにしても、アイドルレーベルが外部のアイドルに門戸を開くというのは、かなりレアなケース。一体どういう事情があるのだろうか。アイドル事情に詳しい音楽ライターは説明する。

「現在のアイドル業界は、王者であるところのAKB48グループ、近年復活しつつある老舗のハロー!プロジェクト、そしてももいろクローバーZのブレイクで人気を拡大させたスターダストプロモーションが3大勢力で、『iDOL Street』はその3つのすぐ下に位置する状況です。

 スパガもデビュー時は、プロモーションにも力が入っていたんですが、最近はちょっと一段落している感じです。当初は、メンバーの写真が大きくプリントされた『スパガバス』という専用バスを移動車に使っていましたが、維持費が大変なのか、もう乗っていません。

 いわば、そういう状況のなか、ひねり出されたのが『オープン化』というアイディアだったのでしょう。イメージとしては、新グループをゼロから育てるのではなく、既存のアイドルグループのフランチャイズ化に近いものなので、コスト的にはそこまでかからないのかもしれません」

 余談だが、「スパガバス」はなくなったが、今後移動中はスパガのメンバーであることをアピールするため、常に共通のユニフォームを着用するとのこと。さらに、ユニフォームにはスパガを応援する企業を募集し、その企業のワッペンをつけるという。

 さて、そんな「iDOL Street」のオープン化だが、アイドルファンたちの興味は、大物アイドルの移籍があるかどうかという点に向かっているようだ。実際に、ありうることなのだろうか。

「レコード会社の移籍だけなら、前所属会社との契約が終わってさえいれば簡単ですが、問題はマネージメント事務所のほうです。『iDOL Street』は基本的に全グループ、『エイベックス・ヴァンガード』がマネージメントをしています。もしも『iDOL Street』のファミリーとなった場合に、同じく『エイベックス・ヴァンガード』の所属となるというのであれば、かなりハードルが高い。芸能界の慣例として事務所を移籍した場合、半年ないし1年は活動をしないというものがありますし、なかなかスムーズな移籍は難しそうです。

 ただ、記者会見でもスパガの宮崎理奈が名前を上げていた、“1000年に1人の美少女”と呼ばれる橋本環奈が所属するRev. from DVLあたりなら移籍もありそうですね。福岡の事務所の所属なので、移籍のハードルは低めだと思います」(前出音楽ライター)

 アイドル戦国時代も一段落し、ブームにも陰りが出てきたなどと言われている昨今。iDOL Streetへの大物移籍が実現すれば、シーン全体にも大きな刺激を与えることとなりそうだ。


【関連記事】
スリーサイズ83・60・86美女が無防備ビキニ姿でベッドで微笑
23歳・グラビアアイドルとの愉しいカラオケデートを妄想撮影
洗面台の前で着替えてビキニ姿になった23歳美女を覗き見撮影

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。