ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柳葉主演ドラマ 視聴率低迷も「暑い時に熱いドラマ」評価の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月5日に放送された、柳葉敏郎(53)主演のフジテレビ系連続ドラマ『あすなろ三三七拍子』の第4話の視聴率は、4.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。初回は7.7%で、第2話5.1%、第3話5.3%と低迷が続いたなか、さらに平均視聴率を下げることとなった。

 同ドラマでは、50歳のサラリーマン・藤巻大介が、リストラ免除の交換条件として、廃部寸前の危機にある翌檜(あすなろ)大学応援団の団長として“出向”させられ、大学生たちとともに「とにかく」「ひたすら」「懸命にやる」という“応援の哲学”を学んでいく。ヒロインは剛力彩芽(21)で、その他、反町隆史(40)、ほんこん(51)、風間俊介(31)、高畑充希(22)らが共演している。

 柳葉が学ランを着て熱い人間ドラマを繰り広げる内容は、ネット上では総じて高評価で、

「録画してたあすなろ三三七拍子一気に見たけど、何でこんな視聴率低いんやろ…。すごい面白い。このクソ暑い時に熱いドラマって悪くない」
「笑いあり感動ありの素晴らしいドラマだと思います。どうして皆 見ないのか不思議です。応援団というのが今の時代にウケないのでしょうか」
「素直に、面白く見ています。昨今、熱い応援団が見直されてると思うし」

 など、視聴率が低迷していることを悔しがる声も多数。ネット上では剛力の好演や、「応援とは、理解するものではなく、感じるもの」「応援団はそもそも理不尽。頑張ってる人にもっと頑張れって言うから。だから応援団はそれよりもっと頑張らなければならない」などといった名言も評判となっているだけに、頑張って欲しいものだが……。

【関連記事】
『八重の桜』挽回へ綾瀬はるかが会津のグルメ食べよとの提言
ドラマ視聴率 月9も水10も日9も「10%超えがやっと」の現実
元テレビP「あまちゃんはヒットドラマの要素全て持ってる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP