ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田原俊彦 再ブレイク評価を「気のせい」と語った3つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 田原俊彦(53)のメディア露出が増えている。数年前までテレビ出演がほとんどなかったことを考えれば、視聴率好調の『爆報!THEフライデー』(TBS系)にレギュラー出演し、CD発売時期のゲスト出演も増えた現状は、「再ブレイク」といっても差し支えはないだろう。

 それでも、7月29日に行なわれたトヨタ自動車『クラウン』の特別展示イベントに登場した田原は、報道陣に「再ブレイクと言われていますけど」と聞かれると、田原は「気のせいですよ。ファンの方が喜んでくれているのでなにより」と謙遜した。なぜ、本人は「気のせい」と言うのだろうか。古参の芸能記者が語る。

「理由はいくつかあります。まず、田原は、紛れもない1980年代のトップアイドルで、歌もドラマも大ヒットさせた大スター。1970年代後半に苦しんでいたジャニーズ事務所を復活させた功労者でもあります。SMAPや嵐の活躍も、田原なしでは語れません。それほど残したインパクトは鮮烈で、1980年代はほとんど毎日テレビに出ていたわけです。その状況から考えれば、週1本のレギュラーと数本のゲスト出演で“再ブレイク”と言われることに本人が違和感を持つことは当然と言えますね」

 加えて、歌手としてのこだわりも理由のひとつだという。

「田原はヒット曲を出してこそ、“再ブレイク”だと考えている。本人は『ステージで死ねたら本望』と語るほど、歌って踊れるパフォーマーへのこだわりが強いですからね。

 田原はジャニーズ事務所独立以降、不遇と言えた約20年間も、毎年コンサートやディナーショーを欠かさず、CDも出してきた。オリコン順位も100位に入らない時期が長かったですが、あきらめずに、ファンのためにも継続してきました。そして、50歳を超えた今でも、ライブでは2時間歌って踊れています。

 その成果もあって、EXILEのヒット曲を手掛けたこともある宮地大輔氏をプロデューサーに迎えた2010年からは、徐々にオリコン順位を上げ、今では新曲を出せば、ベスト30に食い込むようになっています。ヒットまで、あと一歩のところまで来ているでしょう。最近は意外な注目のされ方をしていますが、芸能人は取り上げられてナンボ。これも、ヒット曲を出す前触れかもしれません」(同前)

 そして、田原ならではの人生観が「気のせい」と言わせたのではないか、という分析もある。というのも、ドラマ『教師びんびん物語II』(フジテレビ系)に主演し月9初の視聴率30%越えを果たし、田原の人気が絶頂期にあった1989年のインタビューでこう答えているからだ。

〈良い時ってそんなに続かないと思うんですよ。僕も10年やってるけど、苦しいときの方が多かった。(中略)成功しているときはいいけどね、こけてるときは結構悲惨なものがありますけど、いつも本音で生きるのが男っぽさじゃないかなと僕は思っています〉

 前出・芸能記者が語る。

「田原は、世間がいかに無情かを誰よりも知っている。一般的には、“ビッグ発言”で一気に手のひらを返されたと思われがちですが、絶頂期から既に悟っていたのです。

『3年B組金八先生』の生徒役でデビュー後、瞬く間にアイドルになりましたが、デビューして6年経つと低迷期が訪れた。その後、ドラマ『教師びんびん物語』の主題歌『抱きしめてTONIGHT』で再ブレイクを果たしました。

 1980年代の栄枯盛衰激しいアイドル界を生き抜いてきた田原は、格段の経験値を持っている。たとえ今は良い流れが来ていても、いつまた途絶えるかわからないと知っているし、それは自分の力でどうにもできない部分もある。

 だからこそ、浮かれることなく、足元をしっかり見て、自分のやるべきステージに全力を尽くそうと考えている。現在の再ブレイク状態は、周囲に惑わされることなく、地道に歌って踊ってきた結果だと思います。これからも、どんな状況になろうとも、その姿勢は変わらないでしょう」(同前)

 田原俊彦が自分で「再ブレイク」を認めない背景には、こうした事情があるようだ。

【関連記事】
田原俊彦ブーム再来でそっくり「たのきん」にも密かに脚光か
岡本夏生の再ブレイク理由「美しさ保ったから」と金子哲雄氏
田原俊彦と近藤真彦の共演可能性 「あるとすれば2014年か」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP