ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

チャットモンチー、恒岡章と下村亮介をサポートに迎えたライヴで両A面シングル・リリース発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

チャットモンチー、恒岡章と下村亮介をサポートに迎えたライヴで両A面シングル・リリース発表

2014年8月9日(土)、チャットモンチーが〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014〉のGRASS STAGEでライヴを行い、約2年振りとなるニュー・シングルをリリースすることを発表した。

約1年半ぶりのライヴとなった〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014〉。サポート・メンバーには、恒岡章(Dr. / Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVE)、下村亮介(Key.& Gu. / the chef cooks me)が迎えられ、4人体制で行なわれた。リーダーの橋本絵莉子は、オフィシャルHPで「わくわくすることだらけです」とコメントを語っている。

また、ステージ上のMCで、約2年振りとなるニュー・シングルをリリースすることも発表。発売日は10月29日(水)で、タイトルは『こころとあたま / いたちごっこ』。両曲とも橋本絵莉子の作詞・作曲による両A面シングルとなっている。さらに〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014〉の冒頭で、登場S.Eとして使用されたgroup_inouによる「変身 (GLIDER MIX) by group_inou」も収録した、全3曲入りの作品になる。

なお、オフィシャル・サイトでは、8月31日 (日) 23:59までの期間限定で、「こころとあたま」「いたちごっこ」の2曲の試聴が行なわれている。

さらに、デビューから8年363日が経過した11月21日(金)に、Zepp DiverCity(TOKYO)で。自主企画イベント〈9周年記念ライヴ“”〉を行うことも明らかになった。チャットモンチーが自主企画を行うのは、〈チャットモンチーTOUR 2013〉以来、約1年9ヶ月振り。出演者は現在、おおはた雄一と福岡晃子のユニット・くもゆきと、Opening Actとして謎のアーティスト(?)あさ・ひる・ばんの2組が発表されている。チケットや追加出演者などの詳細は追って発表されるということなので、楽しみに待っておこう。(西澤裕郎)

〈橋本絵莉子によるコメント全文〉
大変お待たせしました。

チャットモンチーは、新しい音へ向かうため、2人きりを飛び出し、4人の世界へ羽ばたくことにしました。

私たちをサポートしてくれる今回のメンバーは、ドラムがツネさん(Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVE)で、キーボードがシモリョーくん(the chef cooks me)です。

そう、私が初めてギターでコピーした曲は、ハイスタの「NEW LIFE」です。こんな日が来るなんて。16歳の私に教えてあげたいです。頑張ってバンド続けてたら将来良いことあるよって。

そして、シェフのフロントマン、音楽への情熱が果てしなく、私たちを新しい音へ近づけてくれる才能の持ち主シモリョーくんに加わってもらって、今まで行けなかったところへ向かいます。

わくわくすることだらけです。

これからも変わり続けていくチャットモンチーを、お楽しみに!

リーダーえりこ

チャットモンチー、恒岡章と下村亮介をサポートに迎えたライヴで両A面シングル・リリース発表

チャットモンチー、恒岡章と下村亮介をサポートに迎えたライヴで両A面シングル・リリース発表

ニュー・シングル『こころとあたま / いたちごっこ』
2014年10月29日(水)リリース
1. こころとあたま
2. いたちごっこ
3. 変身 (GLIDER MIX) by group_inou
※品番・価格・仕様などの詳細は、後日発表
Ki/oon Music

〈9周年記念ライヴ“”〉
2014年11月21日(金)Zepp DiverCity(TOKYO)
出演 : チャットモンチー、くもゆき、あさ・ひる・ばん (Opening Act)  and more!
※出演者・チケット価格・チケット発売日などの詳細は、後日発表

チャットモンチー オフィシャル HP : http://www.chatmonchy.com/
Chatmonchy Facebook : http://www.facebook.com/chatmonchy
Chatmonchy Instagram : http://instagram.com/chatmonchydesu

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。