ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンリオ総選挙の得票数は255万以上 1位はマイメロディ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 正統派からゆるキャラまで、空前のキャラクターブームが続く日本。その人気をけん引してきた『サンリオ』で毎年行われているキャラクター総選挙がネットなどで話題を呼んでいる。

「キャラクター大賞は1986年にサンリオの機関誌『いちご新聞』の企画としてスタート。今年は450種類のうち100キャラクターのノミネートですが、第1回は44キャラクターでした。WEBやサンリオのテーマパーク、ショップをはじめ投票の機会も増え、好きなキャラクターを応援するイベントとして楽しんでいただいてます」(『サンリオ』広報・小畑恭子さん、以下同)

 今年はサッカーのW杯イヤーにちなみ、5グループに分かれて競う新システムを導入。第一ステージでは255万5452票が集まった。これは、AKB48総選挙の総得票数の268万9427票に迫る勢いだ。

「ファイナルステージの総得票数、61万9786票。2連覇のハローキティを破り、今年はマイメロディが1位になりました」

 そんななか、新興勢力の活躍も目を引いた。

「食べキャラ総選挙からデビューした、ぐでたまとKIRIMIちゃん.は、初参加ながら7位、8位と大健闘。ぐでたまのファングッズ発売やKIRIMIちゃん.のCD発売も決まり、サンリオキャラの新しい潮流といえそうです」

※女性セブン2014年8月21・28日号

【関連記事】
AKB前田の13万9892票は静岡市長、さいたま市長を超えた
「ご当地キャラ総選挙」 “ゆるキャラ”の名称使わぬ理由
リラックマやカピバラさん限定品求め100人以上並び半数男性

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。