ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった数分で意見交換?「政務活動費で新年会」に都民からも呆れ声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いわゆる「不透明な金」の問題を受けて、野々村竜太郎兵庫県議が辞職してからというもの、各地では政務活動費の不正に関する監視の目が強まりつつあるが、そうした中、今度は東京都議会の都議73名が、「新年会」に公費を支出していたことが明らかとなった。

都議らによる「新年会費」の存在が明らかとなったのは、東京都議会が8月6日に公開した昨年度の政務活動費に関する報告書。これによると、「新年会」「賀詞交歓会」の名目で1件あたり500~1万円の支出された例が多数あり、支出上限の1万円のケースだけでも、実に586件にも及んでいたという。

これに対し、ネット上では

「都の金で新年会に参加するとかw」
「おいおい、お年玉はカウントしてないだろうな?」
「これだと誕生会とかでもアリになっちゃうだろ」
「新年会が意見交換の場ってw」
「これだから政治家は…」

…と、そのあまりに有権者側と懸け離れた都議たちのルーズな金銭感覚に、もはやあきれ気味といったところ。なかには、たった数分の滞在時間で支出を行っていたケースもあったというだけに、「第二の号泣議員が現れるのでは?」という声もではじめている。

文・葛西敦規

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP