ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビールからクルマまで…注目商品総ざらい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世の中にたくさんのモノがあふれる中で、ただ「安さ」「便利さ」を追求したアイテムだけでなく、独自性を追求した“個性派”のアイテムも今、様々なジャンルで登場している。そこで、ブレイク必至(すでにブレイク中?)のいくつかをご紹介。

【画像や図表を見る】

まずは自動車業界。新型軽自動車「ハスラー」やオープンタイプのスポーツカー「コペン」は、カラフルで独創的なデザイン性、自由にパーツを着せ替えできるシステムなど、今までになかった「個性」を打ち出して人気を集めている。

また、コンビニが本格参入し“いれたてコーヒー大戦争”状態となっているコーヒーショップ業界においては、単一種の豆を使用し、豆の良さを引き出す焙煎・抽出方法にまでこだわることで、その店だけの個性を打ち出す「サードウェーブ」なる流れも活発化。そう今は、その商品やお店の「らしさ」がブームを起こすひとつのカギになっているのだ。

そんな中、暑いこの季節に欠かせない飲み物であるビールにも、その波が来ているようだ。日本人が飲み慣れたスッキリした「ピルスナータイプ」が主流の中、独自の深い味わいが楽しめる「クラフトビール」も注目されはじめている。

例えば、クラフトビールが飲めるイベントは都内各地でも毎週行われるぐらい盛況ぶり。そんなクラフトビール人気の中で、個性ある味わいながらも、コンビニで手軽に買えるビールとして評判なのが「グランドキリン」だ。キリンビール社の醸造家たちのこだわりが詰め込まれた同シリーズから生まれた、豊潤なコクの「グランドキリン」、華やかな香りの「グランドキリン ジ・アロマ」の2商品は現在ヒット中だ。

そしてこの夏、そんな「グランドキリン」シリーズに、「グランドキリン ブラウニー」「グランドキリン マイルドリッチ」の2商品が新登場! 早速その気になるテイストを探るべく、味覚の分析・データ化を行う専門会社AISSYの鈴木隆一さんに聞いてみた。「グランドキリン」、それぞれの個性とは?

「これら4商品は、それぞれにちゃんとした特徴があって面白いですね。まず『グランドキリン』は、4種類の中で特にコクとキレが強く、飲みごたえのあるビール。そのため『ビール本来の味を楽しみたい、ゆっくり時間をかけて味わいたい』という場合にぴったりのビールといえるでしょう。次に『グランドキリン ジ・アロマ』は、一般的なビールよりもキレ・コクともに強いのですが、なんといっても華やかでフルーティな香りが特徴。口に入れた瞬間から喉を通り抜けた後までその余韻を楽しむことができ、『飲みごたえだけでなく、華やかな香りも楽しみたい』という方にぴったりのビールですね」

なるほど。では、この夏新登場の2商品はどうですか?

「『グランドキリン ブラウニー』は、コクが強く、濃密な味わいがあるのに飲みやすさもあるので、夏にもピッタリ。バランスの良いビールです。色みも濃くて、本格感がありますね。苦みの中にほのかな香ばしさが感じられ、甘みもあります。『重厚な味わいが欲しい、だけど後味はスッキリがいい』というワガママを叶えてくれるビールだといえるでしょう。最後に『グランドキリン マイルドリッチ』は、その名の通り4つの中で一番マイルドでソフトな味わいですね。苦みが少なく柔らかい印象なので、女性にもオススメ。また、柔らかさの中にも甘く爽やかなホップの香りが感じられます。『クリーミーな味わいだけではなく、飲みごたえも欲しい』という場合にぴったりなのではないでしょうか。冷蔵庫から出したての時はすっきり飲めますし、少し時間を置くと甘く爽やかな味わいも楽しめますので、時間をかけてゆっくり飲むのもおすすめです」

いや~それぞれ、しっかりとテイストに個性があるんですね。実際に自分の舌でも比べてみたくなります。

ちなみに「グランドキリン」は全国のコンビニで、「グランドキリン ジ・アロマ」はセブン-イレブン限定、「グランドキリン ブラウニー」はサークルKサンクス限定、「グランドキリン マイルドリッチ」はローソン限定で販売中と、販売方法も個性的。その日の気分でいつもとは違うコンビニに足を運ぶことになるかも。さらに、今後ファミリーマートでも、5種類目となる限定グランドキリンの発売を予定しているのだとか! どんな個性のグランドキリンになるか、こちらも楽しみだ。
(R25編集部)

ビールからクルマまで…注目商品総ざらいはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP