ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空撮可能な低価格ドローンが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、航空機ラジコンで盛り上がっているものといえば、2つ以上の回転翼をもつヘリコプターの一種であるマルチコプターでしょう。「ドローン」とも呼ばれることもあるこのラジコンは、かつてのヘリコプターラジコンとは異なり、誰もが安定した飛行操縦を楽しめるのが魅力。ただし、これまでのものはいかんせんサイズが大きかったり、高価格ゆえなかなか手が出ないという面がありました。

【画像や図表を見る】

そんななかで登場した『Rolling Spider』は室内でも遊べる小さなサイズと、1万円程度という低価格が魅力のドローンなんです。

実機を借りて遊んでみたところ、箱を開けてまず驚いたのが手のひらにおさまるその小ささ。「こんなサイズで、本当に安定して飛ぶのか?」という心配はどこへやら、ハチの羽音を思わせる甲高いプロペラ音を立てて飛び立った機体は、ヘリラジコン初心者でも部屋をぐるりと一周することができました。

方向転換、上昇・下降は画面タップで行い、前進、後退といった動作についてはスマホを傾けるといった直感的な操作が◎。難しい離陸や着陸はボタン操作一つでOKですし、さらに宙返りなどの曲芸飛行もボタン一発で可能となっています。飛び立ったあとは基本的にホバリングの状態を勝手に保ってくれるので、慎重に操作する限り、ぶつけてしまうこともまずなさそう。付属の大型ホイールをつければ、地面や壁、天井を這うような動きもとれますし、さらに機体、プロペラのガードにもなるのでなお安心です。

このように基本の操縦は簡単なのですが、上昇しつつ前進、旋回といった複数の動きを同時にとるのは難しく、ちょっと練習が必要と感じました。まあ、それは面倒というよりもやりこみがいがある、というポジティブ要素ですけど。

なお、機体下部にはカメラがついており、スマホからの操作で撮影が可能となっています。スマホの画面で確認しながらの撮影はできませんが“空撮”が1万円ちょっとのドローンで可能になっているのはうれしいですね。

クーラーの効いた部屋で操縦の腕を磨くもよし、レジャーに連れ出して空から記念撮影をするもよし。夏の間じゅう遊び倒せる大人のおもちゃに注目です!
(のび@びた)
(R25編集部)

空撮可能な低価格ドローンが面白いはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
手軽に空撮を楽しめるヘリコプター
ラジコンを“スマホ化”するパーツ
室内で遊べる“自分で飛ぶボール”
衝突&落下も安心? 球形ヘリラジ
2014年注目アナログゲーム5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。