ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイケル共演の歌手が過激舞台に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「はじめてこの仕事をしたいと思ったのが7歳のときです。マイケル・ジャクソンの『デンジャラスツアー』の日本公演を東京ドームでやることになって、当時アメリカンスクールに通っていた私はエキストラのキッズのひとりとして、舞台に立たせてもらったんです。間近でマイケルを見て、観客席の熱を感じて、子供心に衝撃を感じてしまったんです!」

【画像や図表を見る】

ミュージシャンだった父親に早速直談判したところ、なんと父親のステージで歌えることに。やがて15歳でデビュー。圧倒的な歌唱力が評価され、東京オリンピック招致用のVTRのBGMを歌うなど、順調にキャリアを重ねてきたエリアンナさん。そんな彼女の最新出演作となるのが、舞台『AVM』だ。

「今は毎晩稽古しています。出ている人が忙しい人たちばかりなので、主に夜中に。今田さんの記憶力の高さに驚きましたね。そしてとにかく笑いが絶えなくて、毎日すごく楽しみなんです!」

8月7日から始まったこの舞台は、なんとAV業界をテーマにした異色のコメディ。伝説のAV男優に今田耕司さん、熟女AV女優に大久保佳代子さん、イケメンAV男優に徳井義実さんと、そうそうたる面々をまとめ上げる脚本・演出は、鈴木おさむさんだ。そしてエリアンナさんは、ハーフのAV女優を演じる。

「人間模様や裏側をしっかり描いた作品で。AVを作る人や出る人の気持ちを、伝説のAV男優の引退劇に絡めて浮き彫りにしていくんです。シリアスな部分はありますが、コミカルでポップなので、楽しく観ていただけると思います。過激なシーンもありますが、かなり笑えると思いますよ」

加えて西寺郷太さんとともに担当するミュージックパートでは、エリアンナさんの美声もご堪能あれ。

「やっぱり生でしか伝わらない感動があると思うので、ぜひ直接ご覧いただきたいですね。私は演技も歌も、大きな違いはないと思って臨んでいます。もともとマイケル・ジャクソンに憧れて、エンターテイナーになりたいと思ったんです。だから分け隔てなく、いろんなことに挑戦できたらと思いますね!」
(吉州正行)
(R25編集部)

マイケル共演の歌手が過激舞台に!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
バックナンバーはコチラ!
テレ朝宇賀なつみアナの夏の思い出
川口春奈がまさかのキス連発!?
渇き。で魅せた小松菜奈の強烈演技
さんみゅ~小林弥生はコスプレ好き

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP