ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

習近平氏推進腐敗撲滅キャンペーン 共青団閥に打撃が狙いか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国国内では、習近平国家主席氏の号令のもと、厳しい腐敗撲滅キャンペーンが展開されている。国際教養大学教授でチャイナウォッチャーとして知られるウィリー・ラム氏が、習近平氏の腐敗撲滅キャンペーンの影響について解説する。

 * * *
 中国の首都・北京に近いながら石炭が主要産業の山西省。経済発展とはほど遠い地味な省の幹部が「重大な規律違反の疑い」で取り調べを受けていることが分かると中国全土が震撼した。

 この地方幹部は令政策氏(62)。同省の政治協商会議(政協)副主席というポジションは、スポットライトが当たる職務ではない。彼の4歳年下の弟が胡錦濤・前国家主席の腹心中の腹心でなければ、ほとんど誰も一顧だにしない事件だった。

 ところが、弟の令計画氏は曰わく因縁付きの人物だった。彼は胡錦濤指導部時代(2002~2012年)の10年間のほとんどを中国共産党中央委員会の事務方のトップで、日本の官房長官に相当する党中央弁公庁主任を務めた大幹部。2012年秋の第18回党大会の人事の下馬評では党政治局入りが確実視されたほどだったが、党大会直前の同年9月、何の前触れもなく同主任を解任され、格下の党統一戦線部長に転出し、いまに至っている。

 令氏の大学生の息子が同年3月、北京市内でフェラーリを運転中に事故死したばかりでなく、同乗していた女子大生2人が大けがを負って入院。しかも2人ともほとんど全裸の状態だった。令氏は息子のスキャンダルを闇に葬り去ろうと、知人の国有企業トップを通じて2人の親族に数千万元という口止め料を渡し、さらに党政治局常務委員会で、政法部門を担当する周永康・常務委員に事件のもみ消しを依頼したといわれる。

 しかし、このスキャンダルが党大会の最高指導部人事をめぐる権力闘争に利用された。部下の息子の不祥事とはいえ、胡氏が率いる中国共産主義青年団(共青団)閥は最高指導部人事で惨敗。しかも、令氏が頼った周氏は腐敗問題などで身柄を拘束されており、逮捕されるのも遠くない状態だといわれる。

 令氏は周氏や、周氏と近く無期懲役の判決を受けた薄熙来・元重慶市党委書記、さらに腐敗問題で身柄を拘束されている徐才厚・元中央軍事委員会副主席らと結託。習近平氏の最高指導者就任阻止の陰謀に荷担したと伝えられる。

 そのような折も折、渦中の令計画氏の兄が事実上、逮捕された。中国では党要人の親族の逮捕はその要人失脚の前兆とされる。さらに、令氏は習近平指導部が全力を挙げて、容疑を固めようとしている“周永康事件”とも深く関わっているとみられるほか、共青団閥と極めて近いだけに、習指導部にとって二重の意味で忌まわしい人物といえる。

 計画氏らの父、令狐野氏は1930年代に党に加入した山西省の古参幹部。いまも存命で100歳近い。子供は長男の路線、二男の政策、長女の方針、三男の計画、四男の完成の5人。計画氏以外はすべて山西省の幹部で、山西省は中央幹部の計画氏の権力基盤である。その山西省に異変が起きている。2012年秋の習指導部発足後、政策氏ら23人もの同省幹部が腐敗容疑で身柄を拘束されているのだ。

 北京の優れた歴史学者、章立凡氏は政策氏の逮捕について、「この事件は腐敗容疑の追及と、党内の権力闘争が複雑に絡み合っている」と指摘する。つまり、習氏の狙いは政策氏の腐敗解明によって、計画氏の事件への関与をも暴き、その延長線上で、共青団閥に打撃を与えるとの狙いがあるとの見方を示したのだ。

 すでに、次期最高指導者の有力候補、胡春華・党政治局員がトップを務める広東省では共青団閥の若手指導者、万慶良・広州市党委書記が6月下旬、腐敗容疑で身柄を拘束されており、習氏による共青団包囲網は徐々に狭まりつつある。

(翻訳・構成 相馬勝)

※SAPIO2014年9月号

【関連記事】
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
金正男氏 現在中国の軍事基地内施設で24時間厳戒態勢下に
中国政治 習近平主席ら陝西省出身の「陝西閥」が急速に台頭

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP