ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岸谷香と木佐彩子 夫の話題でトークに花咲かせ、最後は抱擁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 がっちりとアツい抱擁を交わす姿は、さながら“戦友”というべきか。8月上旬のとある夜、都内にあるイタリアンダイニングから出てきたのは、岸谷五朗(49才)の妻・岸谷香(47才)と木佐彩子(43才)だった。

「1年ほど前から、ふたりで食事をしている姿を見かけるようになりました。家族連れのことは珍しくて、ふたりの場合がほとんど。今では、2週間に1回くらい来てるんじゃないかな」(店の常連客)

 実はこのふたり、中学生になる同い年の子を持つ“ママ友”同士。岸谷のブログには、ふたりで食事や買い物に行ったり、ライブのリハーサルを行う彼女のもとを、木佐がプリンを持って応援に駆けつけたときの様子が綴られている。

 一方の木佐も、自宅に岸谷を招き、夫・石井一久(40才)を交えて食事をしたときの様子を語るなど、自他共に認める大の仲良しなのだ。

 とはいえ、ともに家庭を守る主婦。この夜は女子会ならぬ“パパ呑み”となった。

「話のほとんどは旦那さんのことでしたね。木佐さんが“うちのパパなんて最近仕事がさ~”と、タレントに転身した石井さんのことを愚痴れば、岸谷さんも“そうそう、うちのパパも~”と返す。話があっちに行ったりこっちに行ったり、互いに好き勝手にしゃべりまくるんですが、それを許し合える仲なんですねえ(笑い)」(居合わせた客)

 話しても話しても話は尽きず、店を出てからも、路上で立ち話を続けたふたり。1度はタクシーを止めようと手を上げたが、運転手がふたりに気づかず通り過ぎてしまうと、トークの炎が再燃。後から来る空車のタクシーに目もくれず、またおしゃべりが始まった。最後は、冒頭のようにしっかりとハグ。積もる話はあると思いますが、早く帰らないと、“パパ”たちがへそを曲げちゃいますよ!

※女性セブン2014年8月21・28日号

【関連記事】
プリプリ復活・岸谷香 娘にピアノ、英会話習わせる教育ママ
愛人は囲えぬが月10万円払ってHする「プチパパ」が増加中
話題の冷やし麺 「すだちそば」「パイナップルラーメン」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP